ロゴ制作のご依頼・制作例のご紹介はこちら

Slider Carousel Image

ロゴデザイン制作料金

Slider Carousel Image

動画ロゴ制作料金

Slider Carousel Image

ロゴデザイン制作実績

Slider Carousel Image

企業ロゴ制作例

Slider Carousel Image

商品・ブランドロゴ制作例

Slider Carousel Image

看板・店舗ロゴ制作例

Slider Carousel Image

飲食店ロゴ制作例

Slider Carousel Image

その他ロゴ制作例

{"dots":"true","arrows":"true","autoplay":"true","autoplay_interval":"3000","speed":"300","design":"prodesign-18","rtl":"false","loop":"true","slidestoshow":"2","slidestoscroll":"1","centermode":"false"}

 

カテゴリー

店舗/看板ロゴ制作依頼 (宿泊施設/ホテルetc)


店舗・看板ロゴデザインの制作依頼はこちら

■トップページへ>> ロゴ作成のLOGOLO

 

ホテル/宿泊施設関連のロゴ作成例・制作サンプルの一覧ページです。

★ロゴデザインは同業者との差別化をイメージによって行うものです。どの宿泊施設・ホテルでも同レベルで安全・安心、サービスが行き届いているとすれば、差別化をはかることは困難です。そのための手段として「イメージの差別化」が必要です。本来、ロゴデザインは単独に存在するのではなく、CI(コーポレイト・アイデンティティ)にそって作成されるののなのです。CIとは、簡単に表現すると『自分が自分を知り、その上で他人からも認めてもらう』という理念です。その自己主張として、自分の顔としてロゴが存在するのです。宿泊施設・ホテルのロゴならば、そのロゴデザインは対象となる宿泊施設・ホテルのイメージを連想させるものでなければなりません。ロゴデザインのイメージがその宿泊施設・ホテルを連想させることができれば、その施設は十分に情報を発信していると言えます。しかし、CIは常に同じ状態ではありません。時代により発展し、過去・現在・未来と変化していきます。会社の方針は時代によって変わっていきます。時代ごとに生存し続けるには、時代ごとに対応していかなくてはなりません。ロゴデザインの開発も何を求められているかによって制作することが大切です。また、どのように素晴らしいロゴデザインができても、その宿泊施設・ホテルのイメージと異なればイメージ・ギャップとなり逆効果となります。社名やロゴデザインを変更したり新しくするということは、その時代を把握し、感覚への対応をはかることが必然です。実力にあったイメージを構築し、新しいロゴデザインにふさわしい宿泊施設・ホテルになるために努力することが大切です。イメージと現実がかけ離れていては意味はないのです。すべてのデザインの開発において大切なことは、現状の調査・分析などの情報収集です。そして何のためにどのようなものをデザインするかというコンセプトです。想定しているターゲットに共感してもらえるかを明らかにすることが重要なのです。また、宿泊施設と一口に言っても、様々な種類があり、カプセルホテルやビジネスホテル・旅館、ハイエンドな高級ホテルまで、それぞれのイメージを打ち出すロゴデザインも多様です。基本的にはどんなホテルにしても、安心感のあるデザインが好まれやすいと言えます。大切な荷物、そして自分自身の身を預けるスペースだからでしょう。そのため、明るくポップなデザインよりも、落ち着きがありあまり奇をてらわないデザインが多く見受けられます。

ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

LOGOLOのロゴ

ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

為になるデザイン情報発信中

ロゴデザインのコラム

ssl2

カード決済対応

©LOGOLO

■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
ページ上部へ戻る