バル/居酒屋のロゴ制作依頼

居酒屋ロゴデザインの制作依頼はこちら

■トップページへ>> ロゴ製作のLOGOLO

★多くの日本人に愛用されるお店の一つにバル・居酒屋が挙げられます。バルや居酒屋をオープンする運びとなり、店の名前が決まったら、それをどのように表記するのか、悩んでしまいますね。ゴシック体や明朝体、ポップ体、楷書体など、一般的な書体をそのまま使って表記するのは簡単ですが、それだけでは強くお店の個性を表現できません。バルや居酒屋の経営を軌道に乗せるためには、「イメージ」にかかわる戦略も重要です。来店するお客さんは、単に店で供される酒・食事の味や、価格、接客サービスのみならず、「その店でどのような雰囲気を味わえるか」という「イメージ」も重視するからです。お店の名前の表記にあたっても、「イメージ」を重視し、お店の名前を「ロゴデザイン」化することは大切です。では、バルや居酒屋のロゴデザインに求められるポイントはなんでしょうか。意外と見過ごされがちなのですが、全体の形に注意しましょう。たとえばお店の看板が「横に長い」のに、「縦書き」のロゴはなじみません。あるいは、広告を縦書き原稿で作ることが多いのに、「横書き」の店名ロゴもなじみにくいです。また、奇をてらってデザインに走りすぎてしまい、読めないという事態に陥ってしまうこともあります。読めないということが逆に興味を惹く、ということもあり得ますが、新規オープンの店なら、まずは店の名前を覚えてもらうことがいちばんです。デザイン性を追求しながらも、一目で読み取れる視認性も大切にすべきポイントです。色遣いにも注意があります。自分の好きな色を使うことに固執して、たとえば店舗の外壁が茶色なのに店のロゴも同系色にしてしまったりすると、ロゴが引き立ちません。夜に来店客が多いバル・居酒屋なのに、暗くて全然目立たないということも考えられます。照明を当てる夜間も引き立つかどうかを計算に入れましょう。とにかく、自己満足に陥らないよう、周囲の方から見やすさの意見をよく聞いてみることも大切です。これらの業態は、バラエティに富んだお酒や料理がリーズナブルに提供され、最近では地域性を打ち出した居酒屋など、その個性も豊かです。居酒屋のロゴは比較的和風テイストのものが多いのに対して、食堂とバーが一体となったバルは、若年層をターゲットにしたカジュアルかつお洒落なロゴが目につきます。魚料理の居酒屋や、肉専門の肉バルなど、特色があればそれをロゴに反映させるのも効果的です。

ロゴデザインのLOGOLOへようこそ!

LOGOLOのロゴ

ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

ssl対応
カード決済対応

©LOGOLO

■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。

月間アーカイブ

ページ上部へ戻る
ロゴデザイン制作のご依頼はLOGOLO(ロゴロ)へ!プロのデザイナーが作成する高品質のロゴマークが驚きの低価格です。