記事の詳細

障害者相談支援サービスのロゴデザインを制作しました。

  • 2016.05.19

  • 障害者支援サービスのロゴマーク

    障害者支援サービスを明るくのびのびと表現したロゴデザインです。

    真っ白なカンバスはまさにこれから、自由に思うままに色をつけることが出来る、未来の象徴と言えます。このロゴデザインはカラフルな色使いと、既存のレイアウトのセオリーを全く無視することで、「自由にしていいんだよ」ということを表現しています。可読性には注意を払いつつも、カンバスの枠すら気にしない、可愛くも肯定的なエネルギーに満ちあふれたロゴデザインに仕上げました。

     

    障害者支援サービスのロゴマーク2

    福祉関連のロゴは、意外と遊び心が肝心

    第三者に対して、企業や団体の大まかな目標や経営理念、セールスポイントなどを伝える役割を担うロゴマークは、おおよそ全ての広報活動において、その視覚的伝達活動を長きにわたって支え続ける重要な存在です。すなわちロゴデザインは、その後の企業や団体のイメージを決定づける、非常に大切な案件であると言うことができるでしょう。
    世の中には、実にさまざまな分野の企業がありますが、ロゴデザインには、それぞれに適した傾向というものがあります。例えば色づかい一つをとってみても、安心感を与える色を選択するのか、堅実性をアピールする色を選択するのか、はたまた楽しげな印象を与える色を選択するのかで、第三者に及ぼす視覚的影響は大幅に変わってしまうものです。

    『福祉』というワードに囚われ過ぎない方が良い

    例えば、今回のような福祉関連のロゴマークですが、『福祉』というワードに関連付けてロゴマークを考案すると、どうしても堅くなりがちなものです。社会で取り組んでいかなければならない問題として、ニュースや国会中継などでも頻繁に取り沙汰されるワードですから、そうなってしまうのも無理はないのですが、企業が使用するロゴマークの場合は、逆にイメージの敷居を下げることこそが肝心になってきます。ここで必要なことは、福祉の関連企業を利用する方々が、どういった層の人たちであるかを考えることです。一言で『福祉』と言っても色々な分野がありますが、全てに通じる共通点は、何といっても『人と人の信頼関係で成り立っている分野』であるということでしょう。
    堅い印象を与えるロゴマークは、同時に「しっかりしている」「安心して任せることができる」という印象を包括する場合がほとんどですが、これを福祉の分野から逆に見てみると、「管理体制が厳しいのではないか」「システマティックで冷たいのではないか」という、いささか暖かみに欠ける対応を連想させる結果をもたらすこともあります。ですから、福祉関連のロゴマークには、意外とカラフルな色彩を利用した、遊び心のあふれるデザインが選ばれることが多いのですね。
    安心感や信頼感も非常に大切な要素ではありますが、笑顔やぬくもりや真心、そして時には遊び心さえ連想させるデザインが人気な理由も、ターゲット層のニーズを思えば頷けることです。見ているだけで元気がわいてくるようなロゴデザインが、福祉関連企業のロゴ作成におけるポイントと言えそうです。

     

    ロゴマークに対する感想 

    見ているだけで元気が湧いてくる、素敵なロゴデザインです。

    「障害児相談支援サービスのロゴデザインです。キャッチコピーを、カラフルな色合いでポップに表現しているデザインが特徴的です。障害者支援というイメージを明るく、楽しい印象に仕上げているので多くの方が良い印象を抱くような仕上りとなっています。また、キャンバスというネーミングに合わせて、バック部分にはキャンバス、パレット、筆なども同時に付け加える遊び心のあるデザインもポイントなのではないでしょうか。まっしろ文字をバランス良くカラフルに配置していながらも、ごちゃごちゃしたうるさい感じになっていません。色相は違いながらも、色のトーンや彩度をしっかりと揃えることで統一感を出しているテクニックが見事です。
    キャンバス部分はまっしろということではなく、薄く大小のドット柄が配されています。まっしろということは何も無いということではなく、これから自分たちの手で色々な色を描いてキャンバスを楽しく埋め尽くそうという意気込みが感じられるそんなロゴデザインとなっています。印象的な部分としては、パレットの黄緑色の部分からまっしろのまの字に色彩が伸びているところでしょう。どことなく、音楽の音符をイメージさせるようなデザインとなっているのがユニークなポイントとして注目すべきです。
    また、スという文字もデザインされており、筆が本当に動いているような躍動感溢れるようなデザインで描かれています。ただ、キャンバスに色々なものを書き入れてみようというデザインなのではなく、とても自由度が高いという感覚で見ることができるのが面白いです。また、これからどんな絵を描こうかな?という、文字もバランス良くカラフルに構成されています。フォントも優しい感じのものを選んでおり、これから自分たちがどれだけ明るく楽しい未来が待っているのかを、このデザインから感じ取ることができます。」

    枠からはみ出している点から、枠にとらわれることがないようにという意味が伝わる。

    「障碍のある方は誰かの助けがないと生活していくのが難しい場合もあるかもしれません。そんな障碍者を支援するサービスであるこのロゴデザインを見ると、パレットの絵が書かれているのがわかるのですが、パレットには明るくてきれいな色が3色揃っています。このように淡い色を用いることで、優しく楽しいイメージを持つことができます。背景が白くなっていることから、より色が目立つようになるでしょう。体に障害がっても、自由にのびのびと生活ができるように作成されたようなロゴマークですね。
    ロゴタイプも大きさが異なっていますし、3色の色をさまざまなところに用いていることから、自由気ままというイメージが伝わってくるようです。」

     

    チームロゴ制作料金のページへ


    1. TOP
    2. ロゴデザイン制作依頼・提案例 サンプル見本一覧
    3. イベント/サークル/その他ロゴ制作依頼
    4. 障害者相談支援サービスのロゴデザインを制作しました。

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。