記事の詳細

ジュエリーブランドのロゴマークを作成しました。

  • 2017.07.30

  • ジュエリーブランドのロゴ制作例

    不死鳥の羽をモチーフにしたジュエリーブランドのロゴデザインです。

    ブランドを扱う企業ロゴと共に制作をさせていただきました。どちらも共通点としては、フェニックスの羽をモチーフとしており、ロゴマーク自体がジュエリーのようなデザインになっています。

    ジュエリーブランドのロゴデザイン2

    ジュエリーブランドのロゴデザイン1
    ロゴマークに対する感想 

    ジュエリーブランドにおいてはもちろんロゴでも高級感をアピールしていきたいものです。

    「こちらのロゴはゴールドであしらわれた不死鳥の羽が、まるでジュエリーそのものであるかのようにレイアウトされており、それぞれの要素が高級感へと直結させるためのイメージングを果たしてくれることでしょう。ジュエリーは大切な誰かへの贈り物とされることも多く、それを受け取った人が喜んでくれるパッケージである必要があります。永遠をイメージさせる不死鳥をモチーフとしてあれば、箱の中にあるジュエリーが持つ意味合いともシンクロしてきますよね。

    また、どのようなパッケージとも相性のいい色合いとなっているのも好印象です。ジュエリーブランドでは黒や白、茶色などをベースとしたパッケージが用いられることが多く、それらを背景としても存在感のあるロゴが求められますので、まさにピッタリのロゴデザインといえることでしょう。飾り箱やペーパーバッグはもちろんのこと、テナントとして入る場合にも掲げて違和感のない見事な仕上がりとなっています。お店、お客さん、プレゼントを受け取った方など、こちらのお店に関わったそれぞれの人が喜ぶデザインといえるのではないでしょうか。」

    ロゴそのものが1つのジェエリーのように仕上げられています。

    「高級感があってラグジュアリーな雰囲気がまさに永遠の象徴である伝説の鳥を体現していると思いました。グラデーションと光沢のある金色が上品で素敵です。女性に特に好まれるデザインと言えるでしょう。ですが決して男性がこのデザインがあしらわれたものを持っていても不自然ではなく、人を選ばない仕上がりになっていると思います。重なり合った「P」と「S」のデザインがエレガントです。こなれていると同時に大人ならではの品の良さを感じます。

    おそらくこのブランドが伝えたいコンセプトである「グレード感」「特別」「オシャレ」などの印象が一目で伝わります。これは「S」の字の絶妙な角度も影響していることでしょう。ここに動きがないと、どこかカッチリしすぎていて息苦しく感じられたかもしれませんが、適度な角度があることで垢抜けた印象がプラスされています。イヤリングやネックレスのようにも見えるのでジェリーブランドであることが伝わりやすくなっていると思います。煌やかなロゴデザインです。」

     

    ファッションブランドロゴ制作料金のページへ


    1. TOP
    2. ロゴデザイン制作依頼・提案例 サンプル見本一覧
    3. 商品/ブランドロゴデザイン制作依頼・提案例
    4. 商品/ブランドロゴ制作依頼 (ファッション/アパレルetc)
    5. ジュエリーブランドのロゴマークを作成しました。

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。