記事の詳細

差し色の赤が映えるモダンなフラワーショップのロゴデザインを制作しました。

  • 2013.11.22

  • 店舗ロゴデザイン

    店舗イニシャルを一体化させたシンプルで訴求力のあるロゴデザインです。

    流行に囚われて廃れることのないよう、クセのないロゴデザインに仕上げました。赤と緑が良いアクセントになり、道行く人の目を惹きます。フラワーショップのお洒落で可愛い店舗のイメージを伝えるデザインです。

    店舗ロゴデザイン

    都会的なモダンな雰囲気のお花屋さんのロゴ制作例

    プリザーブドフラワーの浸透や、通販での販売が盛んになるにつれて、地域に密着したお花屋さんからは少し活気が失われてしまっているような空気を感じることがあります。しかし、古くから花の流通に携わっている店舗だからこそ、みずみずしくて長持ち、四季折々の美しい花々を揃えられるという利点は現代でもしっかりと息づいています。今では冠婚葬祭での供花や活花などの習い事、催事やイベントの多い企業など、古くからの常連客に支えられている感の否めないお花屋さんという職業ですが、これからは顧客の幅を広げることを目的とした、若い世代にも目を向けるマーケティングを取り入れなければならない時代に差し掛かっているのではないでしょうか。

    このように、お店の売り上げアップや新規顧客獲得を視野に入れた場合、プロモーション活動やマーケティング戦略は、絶対不可欠の要素となります。早々と経営コンサルタントの方に相談するのも手っ取り早い解決方法には違いありませんが、店舗の存在やサービスを知ってもらうためのプロモーション活動は、すぐにでも始められる手段のひとつです。SNSやチラシなどを活用する前に、まずはお店のイメージを定着させるための店舗ロゴを作成し、よりよい広報活動に繋げていきたいところです。

    看板ロゴはお店の第一印象になる

    こういった観点からこのロゴデザインを見ると、全体的に洗練されたエレガントなデザインであると共に、若い世代にもアプローチする力を持った汎用性の高いロゴマークであることがわかります。シンプルでありながらも素朴にはなりすぎず、スタイリッシュでありながらも冷たさを感じさせないこのロゴマークなら、きっと老若男女を問わず幅広い客層に受け入れられることでしょう。店名のイニシャルを取ったロゴマークとロゴタイプには、可読性の高いフォントとデザインが採用されており、それがシンプルなオシャレ感を際立たせていますが、マークの中にあしらわれた小さな双葉と花のモチーフは、植物が持っているあたたかさを連想させると同時に、お店の優しい雰囲気をも想起させます。

    通販ではなかなか伝わらないような、お店の人の優しい声や笑顔、そして花を愛しているからこそできる丁寧な説明の口調が、今にも聞こえてきそうな雰囲気です。グラデーションの葉を円形にあしらったロゴマークは、植物のみずみずしさが伝わってくるような、フレッシュで動きのあるデザインになっています。補色の赤を右上に配置することによって緑の持っている生命力がさらに輝きを増し、シンボルマーク全体に力強い存在感を与えているのが大変印象的です。ロゴ作成というひとつのプロモーション活動は、シンプルなようでいて、非常に高いスキルが要求される仕事もでもあります。こうして見てみれば、一見単純な構成で出来上がっているように見えるかも知れませんが、その中にたくさんのアピールポイントが含まれていることは、これでお解り頂けることでしょう。ポイントカードや包装紙、SNSのアイコンやサイトにロゴを配置しても、印象的で効果的な宣伝活動の一助となるでしょう。

     

    ロゴマークに対する感想 

    シンプルですが花屋の特徴を全面に出して、今の流行に流されることのないロゴデザインになっています。

    「フラワーショップ、即ち花屋にも当然ロゴデザインが用いられているのですが、花屋の場合にはきれいで美しい花の絵を用いていることや、植物を用いることが多くなっています。もしくは店名を大きくして、脇の方に植物の芽を小さく描く場合もあれば、文字の一部を植物にすることもあるでしょう。このような工夫をすることで、花屋であることをしっかりとアピールすると共に、きれいな花や人気の植物を取り扱っていることを伝えているのです。
    このロゴデザインを見ると、ガーデンとレッドの頭文字であるGとRの文字を大きく表示して、その一部に植物を用いています。Gのところには植物の芽を描いていますし、Rのところには赤い花を描いていますが、緑色と赤色が小さくあるだけでも、全体の見栄えは大きく変わってきます。全体をしっかりとまとめ、遠くからでも注目されやすく描かれているので、とても好感が持てるでしょう。」

    ショップのアイコンしては大変素晴らしく仕上がっているのではないでしょうか。

    「これはフラワーショップのロゴだそうですが、ショップのロゴデザインって何が大事なのかなってちょっと考えてみました。オシャレであることや印象づけるためのインパクトが大事、という人もいるかもしれませんね。でもショップのロゴって長く使うものがほとんどです。ですからいつまでも「飽きない」とか「流行遅れ」にならない、ということも大事なのでは無いでしょうか。
    一見シンプルですがフラワーショップらしいお花の赤と葉っぱの緑が映えた、可愛らしくもオシャレなロゴとなっています。そしてオシャレではあるけれど、決して流行を追うようなことのない、いつまでも飽きのこないデザインとなっていますよね。」

    落ち着いた雰囲気の良いロゴマークだと思います。

    「フラワーショップのロゴと言われたら、大きな花をあしらって、というふうに私は考えてしまいますが、それではちょっと派手すぎるのかもしれません。店舗で見るぶんにはいいですが、ロゴデザインはこのようにネットなどでも見る機会があるわけで、そうするとこのような落ち着いた雰囲気のロゴがいちばん良いのかもしれませんね。
    お店の名前の頭文字を組み合わせたシンボルマーク、とても素敵だと思います。思うに、緑と赤というのは、それぞれ葉や茎の部分、そして花の部分を意味しているのだと思います。それを一体化させているわけですから、この合体した「G」と「R」の文字はまさに花を表現しているんですよね。文字で花を表現するという発想には驚かされてしまいます。そして、その文字にあしらわれた緑の葉と、赤い花が良いアクセントになっていますね。これだけでロゴ全体の印象が華やぐように感じます。どこか岩場の花を思わせるものがあって、素敵です。
    お店の名前をロゴにしたものの下には、三角形を組み合わせた別のロゴマークも掲載されていますが、こちらも中々良いですね。ひとつのピースを赤色に染めて花を表現し、他を全部緑色にすることによって、品の良い、温かみのあるデザインになっています。写真のように壁にロゴを取り付けても見映えが良いですね。制作者の狙い通り、流行に左右されない、どの年代の人にも受けるロゴになっていると思います。」

     

    店舗ロゴ制作料金について


    1. TOP
    2. ロゴデザイン制作依頼・提案例 サンプル見本一覧
    3. 店舗/看板ロゴデザイン制作依頼・提案例
    4. 店舗/看板ロゴ制作依頼 (その他施設・店舗)
    5. 差し色の赤が映えるモダンなフラワーショップのロゴデザインを制作しました。

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。