記事の詳細

パン屋さんのキュートな店舗ロゴデザインを制作しました。

  • 2014.01.02

  • パン屋ロゴデザイン制作

    パン屋さんのポップでキュートなロゴデザインです。

    食パンをモチーフにしたキャラクター調のシンボルが顧客に親しみを与えてくれます。親から子の世代まで幅広い層をターゲットにした店舗ロゴに仕上げました。

    パン屋ロゴデザイン作成

    キュートなベーカリーの店舗ロゴ制作例

    子供の頃からの夢を実現できる人はどのくらいいるでしょうか。一生懸命修行をして自信をもってみんなに食べてもらうことが出来るようなパンを作ることが出来るようになったのであれば、今度は店を構えて売り出すようにしなくてはなりません。ベーカリーをオープンさせるときには、店舗ロゴを一緒に制作するようにしてみるといいでしょう。
    ロゴマークはみんなに親しまれるようなデザインにするべきです。キュートなマークを作ることによって、幅広い年齢層に親しみを持ってもらうことが出来るようになりますので、可愛く覚えやすいロゴを作成することは、経営の観点からも重要課題です。例えば、今回のように食パンの形をしたロゴデザインにすれば、パン職人のイメージも併せ持つことが出来ますので、可愛くて覚えやすいものにすることが出来ます。
    次にロゴを作成したら、いろいろと活用をしていくことです。お店の看板にも大きくロゴマークを入れることによって、遠くから見たときにもすぐにどこにお店があるのかを確認することが出来ます。少しわかりづらい場所にあったとしても、お店の名前よりも先にロゴマークが目に入れば、見逃されることもありません。店舗の大体の位置がわかっていたとしても、看板がなければお店の場所を把握しにくい場合などにも役立てることが出来るでしょう。

    店舗ロゴだけにしておくのは勿体ない

    ガラス張りの店内にするのであれば、ガラス部分にもロゴを入れておくのもいいでしょう。店内で飲食をするスペースを作る場合には、店舗で利用するお皿やカップにもロゴを入れておくことで、より目に入りやすくなり、みんなに覚えてもらいやすくなります。そして、店舗で購入したパンは持ち帰ることもできるようにするのであれば、持ち帰り用袋のデザインにもロゴを入れておくことです。ロゴの入った袋をもってお客様が街を歩いてくれることによって、自然に多くの人に宣伝をしてもらうことが出来るようになります。可愛くて覚えやすいロゴを他の人が目にした時に、思わず今日買って帰ろうと思ってもらえることが出来れば、ロゴデザインの作戦勝ちです。一人でも来店客が増えるようにするためにも、可愛くて覚えやすいロゴは必要です。子供の頃からの夢を実現させて、お店を営業し続けるためのいい宣伝材料にもなるでしょう。

    関連デザイン 

    パン屋さんのラフ感のあるロゴデザイン

     

    ロゴマークに対する感想 

    ロゴによるブランディングは、競争の激しいパン業界では必須なのでは。

    「最近は米よりもパンをよく食べる人が増えているので、街中にも多数のパン屋がオープンしています。地域によってはパン屋が密集しているところもあるので、このような場所ではかなり競争が激しくなっています。競争に勝つためには、どのようなパンを販売するのかという点や値段の設定、店内の雰囲気なども重要です。宣伝方法やどのようにアピールするのかも重要ですが、やはり親しみやすくて店に入りたくなるようなロゴデザインも大切になります。
    このロゴデザインは一目見ただけでパン屋だということがわかります。ただおしゃれにするだけではなく、だれが見てもパン屋であることがわかるという点も重要です。パンに顔を描くことでかわいく見せることもできますし、家族連れのお客を呼び込むのにも効果があるでしょう。年齢や性別を問わず、幅広い層に支持されるように作成することが、競争が激しいパン屋の業界で生き残るためには必要なことです。入り口のガラスにこのロゴデザインが大きく描かれていれば、かなりの宣伝効果があるでしょう。」

    世代に関わらず、人を呼び込めそうなロゴですね。

    「これはなんと可愛らしいロゴでしょうか。見ていると思わず微笑んでしまいますね。パン屋さんのロゴということですが、これほど利用者の興味を引くデザインが他にあるでしょうか。なんといっても、このシンボルマークが素敵ですよね。コックさんのような帽子をかぶって、ほのかに笑みを浮かべています。まるで自分が焼き上げたパンの出来栄えを見て、「これでよし」と言っているようではありませんか。そういうシーン、情景が目に浮かんでくるというのが素晴らしいですよね。
    そしてもうひとつ、工夫されているなぁと思うのは、このマークが食パンをモチーフにしているということです。パン屋さんということをアピールするのにも一役買っていますし、それを可愛らしい人の絵にまで昇華させているのがすごいなぁと思います。このロゴを街中で見かけたら、まず間違いなく、あれはなんだろうと興味を持って見てしまいますよね。パン屋さんのロゴだと気づけば、これほど美味しいパンの売っていそうな店はありませんから、おなかが満杯でなければ、ふらふらと立ち寄ってしまうことでしょう。私なんぞは常に腹をすかせておりますから、絶対に寄っていくでしょうね。
    このように、ふらっと立ち寄ってみたくなる、そんな集客効果を見込めるロゴとなっています。これであれば、子供から大人まで、あらゆる世代に親しまれることでしょう。世代を問わず訴求できるという点でも優れたロゴマークといえそうですね。このお店のこと、ちょっと調べてみようと思います。」

     

    和菓子・洋菓子店ロゴ制作料金のページへ


    1. TOP
    2. ロゴデザイン制作依頼・提案例 サンプル見本一覧
    3. 飲食店ロゴデザイン制作依頼・提案例
    4. ベーカリー/洋菓子/和菓子店のロゴ店制作依頼
    5. パン屋さんのキュートな店舗ロゴデザインを制作しました。

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。