記事の詳細

フォントと書体について

  • 2016.11.14

  • フォントとは?

    フォントとは、書体の大きさやウェイト、種類のことを指します。デジタルタイポグラフィが普及している現代では「フォント」は「書体」と同義語として使われる事が多いですが、この二つは必ずしも同じ意味を持ちません。例えば「Bulmer」という書体は「Bulmer roman」、「Bulmer italic」、「Bulmer bold」、「Bulmer extended」というバリエーションを含みますが、「フォント」という用語はこれらのうちの1つに対しても書体全体に対しても使われます。

     

    フォントの語源

    フォント(font:元々イギリス英語での綴りはfountだが、発音はfontと同じだった)という言葉は中期フランス語で「溶けた物」(すなわち鋳物)の意である「fonte」から由来しています。

    フォントの語源は溶かす

    これは金属活字を鋳造所で溶かす過程のことを指しています。

     

    フォントの特徴

    フォントはその筆記体によっても見た目が異なりますが、文字の高さの他にもフォントを区別する特徴があります。ヨーロッパのアルファベットの書体、すなわちラテン語・キリル語・ギリシャ語は、ウェイトと呼ばれるストロークの幅、スタイル(アングル)、そして文字幅によって区別されます。

    フォントについて

    スタンダードな「regular」フォントはしばしば「Roman(ローマン体)」と呼ばれ、「太字(bold)」や「細字(thin)」、または「イタリック(またはオブリーク)」と区別されます。読みやすさと強調、または視覚的に面白いデザインにするために、同じ書体の異なるフォントが使われることがあります。

     

    ・ウェイト(太さ)

    フォントのウェイトとは、文字の太さのことを言います。

    フォントのウェイト

    ・ヘルベチカ・ノイエのウェイト

    一つの書体には極細から極太まで様々なウェイトのフォントがあり、多くの場合4つから6つのウェイトがあり、多いものではウェイトが12種類まである書体もあります。オフィスやウェブ、カジュアルな場で使う書体には「中」と「太」しか無い場合が多いです。

    ベースウェイトは書体によって異なるので、ある「通常」のフォントが他の「通常」のフォントより太い場合があります。例えば、ポスターなどに使われるフォントは長い文章に使われるフォントより太く作られています。すなわち、フォントのウェイトの名称と実際のストロークの幅やグリフの密度の差が異なる時があります。

    代表的なフォント

    ・代表的な3つのフォントの「中」と「太」。ヘルベチカは線の太さがほぼ単一で、全てのストロークのウェイトが同等に増えているのに対し、OptimaとUtopiaは線の太さが単一ではなく、ストロークの太い部分のウェイトが細い部分より増えている。3つとも、「n」のカーブが左の直線と交わる部分で細くなっているのがわかる。 by Blythwood

    フォントのウェイトを表すのに使われている様々な名称は活字鋳造所やデザイナーによって異なりますが、おおまかな順番は同じで、次のようになっています。

    Hairline
    Thin
    Ultra-light 【極細】
    Extra-light
    Light
    Book
    Normal/Regular/plain 【中細】
    Medium
    Demi-bold/semi-bold 【中太】
    Bold
    Extra-bold/extra 【特太】
    HeavyBlackExtra-blackUltra-black/ultra 【極太】

    Normal、regular、plain、そしてしばしばbookという名称は、スタンダードなウェイトとして使われます。この中でもbookはregularより細い事が多いですが、書体によっては太い時もあります。コンピューターが発明される前は、ウェイトは手描きで書かれていましたが、1980年以降は、フォントデザインのウェイトを自動的に構成することが増えていきました。これによって、MyriadやTheSansのような現代のデジタルフォントには幅広いウェイトが存在するようになりました。

     

    ・斜体

    特にローマン体などのヨーロッパの書体では、重要なワードを強調するために斜体文字が使われます。これをイタリック体やオブリーク体と呼びます。オブリーク体は横書きの文書で右に傾いています。オブリーク体も多くの場合はイタリックと呼ばれますが、「純粋なイタリック体」とは異なります。イタリック体は通常の書体と比べると、手書きや筆記体のように流れがあり、「合わせ文字」が多く使われる時があります。希に、その書体に合わせた筆記体のフォントを持つ書体もあります。

     

    ・文字幅

    コンデンスドフォント

    ・Avenir Nextという書体での同一の文字幅のコンデンスドフォント by Blythwood

    文字のウェイトやストロークではなく文字幅が異なる書体が存在します。

    文字幅がより狭いフォントはcompressed、condensed、narrowと呼ばれます。文字幅がより広いフォントはwide、extended、expandedと呼ばれます。また、どちらもextraやultraがつく名称を持っています。フォントの文字幅は用途によって異なります。Times New Romanは新聞により多くの文字を詰めるために文字幅が狭く作られました。

     

    ・適切なサイズ

    専門性の高いデジタル書体には最適とされている特定のサイズがあります。サイズ調整は、小さく印刷する時に細かい部分を大きくする必要があるセリフフォントでは特によく見られ、大きく印刷される文字ではその逆が行われます。

    フォントのサイズについて

    ・上が正しい使い方:Greenは大きく印刷されている文字なので細く、authorityは小さく印刷されているので太い。下はそれが逆になってしまっている。by  Blythwood

    ポスター…多くの場合72ptより大きい、非常に大きな文字

    ディスプレイ…19-72ptまでの大きな文字

    小見出し…14-18pt程度の大きな文字

    レギュラー…10-13ptほどの大きさ小さな文字

    小さな文字…8-10pt程度

    キャプション…6-8ptのとても小さい文字

     

    ・セリフ

    セリフ体とサンセリフ体

    ほとんどの書体はそのセリフの使い方で区別されていますが、セリフとサンセリフの両方を持つものや、それらの中間であるスラブセリフやセミセリフをもつものもあります。特にセリフ書体に多いフォントの種類として、異なる大文字を持つものがあります。イタリック体の小文字のように線が流れているものや、イニシャルに使う用途として装飾デザインがされているものもあります。

     

    ・メトリック

    フォントメトリックとは、フォントや個々のグリフの大きさと間隔を表す数字からなるメタデータのことを指します。

    フォントのカーニング
    ・上はカーニングする前。下は適切にカーニングをしたもの。

    デジタルフォントはカーニングによって文字と文字の距離を縮める事ができます。「WA」「VA」の文字はよくカーニングが使われる例です。

     

    あわせて読みたい記事

    ロゴとは? ロゴデザインの基礎知識と歴史

    ロゴマークを作成する前にまとめておきたい情報


    参考 : Wikipedia フォントについて
    文章はCreative Commons Attribution-ShareAlike License に基づき編集しています。写真等の資料はパブリック・ドメイン以外は転載などの二次利用は禁止です。


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. フォントと書体について

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。