記事の詳細

企業で進む「Debranding(デ・ブランディング)」の流れとは

  • 2016.10.26

  • 多くの有名企業で進められてるブランディングの方向性に、「Debranding(デ・ブランディング)」というものが挙げられます。「Debranding(デ・ブランディング)」はまだ日本では聞き馴染みのない言葉だと思いますが、特にB to Cの企業においてこの流れは盛んに起こっています。

     

    「Debranding(デ・ブランディング)」とは

    「Debranding(デ・ブランディング)」は大きく分けて2つの定義・使われ方が存在します。

    1つ目は、「脱・企業らしさ」を演出する事です。

    広告戦略において、ロゴマークから「社名」を切り離し、企業のロゴを消費者にとってより身近に感じられるようにする試みと言えます。企業のロゴと言えば、シンボルマーク+会社名という安定感のある組み合わせがセオリーでした。しかし、デザインを通じたコミュニケーションの形は変化し続けており、多くの企業は「企業然」とした姿勢から、「顧客に寄添う」姿勢へと変化を遂げつつあります。

    最近では、マスターカードのロゴリニューアルがその典型例と言えます。

    shutterstock_475713829

    rvlsoft / Shutterstock.com

    マスターカードのロゴは、二つのシンプルな円の組み合わせに進化を遂げました。

     

    また身近な所ではスターバックスのロゴのリニューアルも有名です。最早、どこにもスターバックスとは書かれていません。

    shutterstock_400011787
    iMoStudio / Shutterstock.com

    ちなみに、スターバックスの旧ロゴはこんな感じでした。

    shutterstock_238209706
    Sergey Kohl / Shutterstock.com

    この変貌は、「Debranding(デ・ブランディング)」の完璧な例と言われています。消費者にアピールする看板・商品にのみセイレーンのロゴを残し、スターバックスは見事に地域に溶け込みました。

    このような「Debranding(デ・ブランディング)」には心理学的な意図があります。より企業らしさを控えめにすることで、顧客が身近さを感じることに加えて、「先進的な考え方」を持つ会社であることを伝えることが出来るためです。既に世界的に周知されているブランド・企業でなければ、逆効果になってしまう可能性もあります。つまり、「Debranding(デ・ブランディング)」が成功している企業は、世界的に認められているとも言えるでしょう。

     

    関連記事 : フラットに変化した10の有名ブランドロゴとその理由

     

    では、もう1つの「Debranding(デ・ブランディング)」とは何でしょうか。

    2つ目は、旧来のブランド戦略からの脱却です。

    業界のトップを走るブランドや企業を私たちは自然と知っているように思いますが、そう思えるのは、その企業が莫大な費用をかけて広告戦略を行っているためです。しかし、そうした有名ブランドが、ノーネームブランドに浸食されてきているという実態があります。

    アメリカのある調査によると、広告戦略や開発に多くの費用を費やす大手ブランドの医薬品も、後発のジェネリック医薬品も、満足度にさしたる違いはなく、86%もの人がジェネリック医薬品の購入を続けることに興味を示したそうです。

    つまり消費者は、大規模なブランディングや広告キャンペーンにはあまり影響を受けていなかったと言う事です。これは、ジェネリックはあくまでローエンド製品であり、ブランド医薬品は意識の高いハイエンドな消費者向けという、企業の仮定を覆す結果でした。

    またスーパーマーケットにおいても、1980年代により手頃な価格のノーブランド商品が台頭し、さしたる宣伝戦略もなく市場シェアを獲得していきました。ノーブランド商品は、ブランド力の恩恵を受けることなく、主要ブランド商品の収益性に脅威を与え続けたのです。

    その結果、旧来のブランド意識を考え直し、「ブランド」を維持するために高い広告費用を払うのではなく、広告を排除し、利益率を向上させる戦略が生まれました。これが2つ目の「Debranding(デ・ブランディング)」です。

     

    より緊密なコミュニケーション

    まとめ

    インスタグラムの広告らしさのない企業アカウントや、オウンドメディアを運営する背景には、上記のような「Debranding(デ・ブランディング)」戦略が隠れていると言えそうです。不特定多数をターゲットとした大々的な宣伝はもう古く、より顧客と緊密なコミュニケーションを取れるものが好ましい時代なのかもしれません。


    あわせて読みたい

    ロゴデザインとブランディングについて

    ロゴデザインにおける12の間違い

    パーソナル・ブランディングの行い方

    ロゴとは?その歴史と基礎知識


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. 企業で進む「Debranding(デ・ブランディング)」の流れとは

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。