記事の詳細

今すぐロゴデザインのクオリティーを高める6つの方法

  • 2019.04.11

  • 今すぐロゴデザインのクオリティーを高める6つの方法

    スマートフォンをはじめとする小型のモバイル機器が利用される中で、ロゴデザインの扱われ方も少しずつ変化しています。小さくしても視認性が保てるように、よりシンプル化が進むロゴデザインですが、その中でより良いものを作るにはどうすれば良いのでしょうか?今回は事務所Satori Graphics(サトリグラフィックス)のYouTubeから、【今すぐデザインを高める6つの方法】をご紹介致します。※翻訳・記事掲載は許諾を得ています。(Thank you, Satori Graphics !!)

    以下翻訳内容です。

    今日はロゴデザインのクオリティーをすぐに高める6つの方法を紹介したいと思います。

     

    ロゴのクオリティを高めるヒント1 : 逆さまにしてみる

    ロゴのクオリティを高めるヒント1

    今回の動画はロゴのデザインの仕上がりを高めるのに役立つものです。しかし、この方法はロゴだけでなく様々な種類のデザインにも応用できます。

    ロゴを逆さまにしてみる1

    最初のヒントはデザインを逆さまに映してみることです。デザイン作業中の画像を水平または垂直に反転してみるのです。これは、テキストやシンボルを改良してより魅力的に見せられるテクニックです。反転すると、テキストやシンボルは抽象的になり、あまり意味を持たなくなりますよね。

    ロゴを逆さまにしてみる2

    そうすると、意味に囚われなくなり、デザイン自体の本当の構造に気がつきます。つまり、ロゴを逆さにすることで、デザイナーは視覚的にも心理的にも客観視できるようになり、ロゴの欠陥や手直しが必要な部分に気付きやすくなるのです。

     

    ロゴのクオリティを高めるヒント2 : 脱お気に入りフォント

    ロゴのクオリティを高めるヒント2

    デザインを改善してロゴのクオリティーを今すぐ高めるための2つめのヒントは、すべてのクリエイティブワークで2~3種の使い慣れたフォントだけに頼るのをやめることです。

    お気に入り書体にとらわれない

    これは私にも身に覚えがあります。ひとつかふたつのフォントでうまくいくと、それをお気に入りの定番フォントにしてしまいがちです。しかし、考えてみてください。世のデザイナーたちが作ったロゴがすべて同じ2~3種のフォントしか使っていないとしたらどうでしょうか。デザイン全般の景色はかなり不気味なものになるでしょう。

    だからといって、ムキになって風変わりなフォントをすべて試せと言っているのではありません。そうではなく、冷静になって安全地帯から少し出てみて、ロゴに合う他のフォントに目を向けてみようということです。勿論ロゴとブランドの文脈を頭に入れておかなくてはいけません。シンボルだけでなくフォントもブランドのメッセージを伝える必要がありますからね。

     

    ロゴのクオリティを高めるヒント3 : フォントの組み合わせ

    ロゴのクオリティを高めるヒント3

    グラフィックデザインとロゴデザインのクオリティーを高めるための3番目のヒントは、フォントペアリング(フォントの組み合わせ)です。

    ロゴデザインの仕上がりを高めるための、非常に簡単かつ良い方法です。2種類の異なるフォントがあるとき、フォントペアリングはハーモニーがが溶け合い、一つのデザインチームとしてとてもうまく機能します。

    フォントのペアリングについて

    非常に簡単なフォントペアリングの方法は、セリフフォントとサンセリフフォントを1つずつ使うことです。しかし、ポイントとして先に述べたように、ロゴ自体のスタイルとメッセージに関連性のあるフォントを選択する必要があります。フォントペアリングとタイポグラフィ全般についての動画を作りましたので、YouTubeの説明欄にリンクを書いておきます。

    すばやくフォントペアリングを作るもうひとつの方法は2つのフォントのコントラストを見つけることです。太いサンセリフフォントと細いサンセリフフォントであれば、コントラストが生まれるでしょう。適切なフォントの組み合わせを選べばうまく機能します。

     

    ロゴのクオリティを高めるヒント4 : 幾何学図形を活用する

    ロゴのクオリティを高めるヒント4

    ロゴのクオリティーを高めるための4番目のヒントは、アイコンデザインと共通しています。

    アイコンはある意味でロゴとほぼ同じで、まずペンツールを使う代わりに幾何学図形を使います。その主な理由は、まず第一に、幾何学図形を土台として、それを使ってデザインやシンボルをはるかに速く作成できるからです。次に、あらかじめ準備された図形は完璧なので、その点において失敗しないからです。

    図形をロゴに活用

    とにかくまず、描画ツールを使い、図形を重ね合わせてシンボルを作ってみましょう。パスファインダーツールもこういう場合はとても便利ですね。わずらわしさや無駄な時間、ペンツールでロゴを描くときの頭痛のタネが避けられます。私自身ペンツールがあまり好きではないので、ロゴをデザインするときには可能であれば幾何学図形を使います。

     

    ロゴのクオリティを高めるヒント5 : 離れて見る

    ロゴのクオリティを高めるヒント5

    ロゴデザインのクオリティーを高める5つめのヒントは、ときどきズームアウトしてデザインをチェックするのを忘れないということです。

    画家がイーゼルから離れてするのと同じように、最大までズームインせずにデザインを遠くから眺めてみる必要があります。そうすれば、どういう具合に作業が進んでいるかの全貌をつかむことができます。何かをデザインしていてゾーンに入っているときには、たいてい我を忘れます。画面の中に入り込んでしまいます。

    離れてロゴを見る

    例えば、ロゴを活用するする場合、名刺に使うなら小さく印刷されますよね。ですから、デザイン作業の全工程で、ロゴをさまざまに拡大縮小してチェックする事を徹底しなければいけません。

     

    ロゴのクオリティを高めるヒント6 : シンプルにする

    ロゴのクオリティを高めるヒント6

    ロゴのクオリティーを高めるための最後のヒントは、デザインをシンプルにすることです。グラフィックデザインが進歩し、モバイル機器がますます使われるようになったので、全体的にデザインがシンプルになっていっているのが事実です。

    ロゴのシンプル化

    将来もデザイナーとしてやっていくための本当にいいヒントは、要するにシンプルにすることだと思います。

    しっかりとしたデザインができたなら、それはひとつのアイデアが得られたということです。そのアイデアを少しシンプルにして3つのバリエーションを作ってみてください。そして何を考えつくか見てみましょう。ロゴやグラフィックデザインでは一般に、less is more(少ないことは豊かなこと)であることが多いです。

    以上がロゴデザインのクオリティーを今すぐ高めるための6つの方法です。

     

    まとめ

    今日の動画についての感想をYouTubeのコメント欄で教えてください。

    カメラが止まってしまいました。見ていただきありがとうございます。いいね、シェア、登録、いろいろありがとうございます。

    未来を、今デザインしよう!

    ピース!

    created by Satori Graphics

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. 今すぐロゴデザインのクオリティーを高める6つの方法

    ロゴ作成のLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ作成はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    モーションロゴ Lite™

    モーションロゴ Lite

    動くロゴ制作、はじめました。

    モーションロゴ Lite はモーションロゴ(動画ロゴ)を、リーズナブルに作成できるサービスです。展示会やパーティー・各種イベントなどでのアイキャッチとしての活用や、ネットでのプロモーション等にご利用いただけます。制作料金・プランはこちら!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラムへ

    SSL

    お支払いについて

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。 ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。