記事の詳細

音符と動物を合体させたロゴデザイン作成例 -#638

  • 2018.11.05

  • 音符と動物を合体させたロゴデザイン

    音楽をあらわす音符を、ロゴデザインに使用することも多いでしょう。ですが、音符だけでは単調過ぎて、寂しい印象に。もっと楽しくかわいいイメージにするためには、動物を合わせてみると、ロゴのイメージが良くなるかもしれません。音符と動物を合体させたデザインを見てみましょう。

     

    ミュージックバードのロゴデザイン作成例

    小鳥の姿とロゴ文字が印象的なデザインです。ツートンカラーの小鳥には、音楽をあらわす音符の形で色を分けています。かわいらしくも分かりやすいキャラクターが目立ちますが、明度は明る過ぎず、落ち着いたトーンでそろえているため、対象年齢はそれほど低くないのかもしれません。対照的なカラーを合わせて、目を引くデザインに仕上げています。

     

    音符のすきまに止まった鳥のロゴデザイン

    こちらも鳥を使用していますが、音符の中に鳥を潜ませ、音符の形と調和させたロゴデザインに仕上げています。まるで隙間から鳥がそっと覗き込み、音符の一部を宿り木にして休んでいるようです。音をテーマにしながらも、色合いは静かなイメージに。心地よい音を想像してしまいます。鳥のラインに合わせて影をつけることで、より立体的に、鳥の存在感を強めているのが特徴です。

     

    ミュージックキャットのロゴデザイン

    傾いたト音記号には、動物の横顔が。どうやら猫の顔を描いているようです。ト音記号にはない線をプラスして、猫の前足に。くるっと丸まった尻尾や丸みのある曲線が、猫の姿そのままをあらわしています。淡いモノクロで描き、クラシックな雰囲気を高めていますが、かわいらしい猫の姿を描くことで、寂しい雰囲気を一掃させています。

     

    体のラインが丸い鳥や猫は、音符の形にも融合させやすいもの。特にさえずる鳥は、音楽との相性も良さそうです。いきいきとした動物を掛け合わせてロゴを作ってみると、音符も新しいキャラクターのように。いろんな動物と合体させてみたくなってしまいます。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 音符と動物を合体させたロゴデザイン作成例 -#638

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。