記事の詳細

重なり合う色やデザインが画期的なロゴデザイン作成例 -#624

  • 2018.10.25

  • 重なり合う色やデザインが画期的なロゴ

    ロゴに迫力を出す為に3Dを用いるという作戦もありますが、今回ご紹介するように2つまたはそれ以上の色や形を重ね合わせることによって立体感を生み出す方法もあります。それぞれを半透明のように描き、重ね合わせることで、その2つの色が視覚的に手前と後方に存在している様に見えて、複数の層が空間に広がっているように見えて来るのがとても不思議です。そんな変わった手法を見比べて、ぜひ新しいロゴアイディアの一つとして検討して見て下さいね。では早速見ていきましょう。

     

    実は存在していないKのロゴマーク

    Kのロゴマーク

    それぞれが台形のような歪な四角形がまず印象的ですね。パッと目に入るKは実はどこにも描かれていないのにお気付きですか?後方にあるように見える水色は見方によっては三角形が3つ並んでいるように見えますが、その上に重なるように見える赤が水色のラインから少し左に描かれることによって、Kが浮かび上がっているのです。とても面白い効果ですよね。それぞれの層を別々に見ることも出来るけれど、自然と目はKを探して読み取ってしまう、視覚の面白い効果を利用した画期的なロゴデザインです。

     

    重なるガラスをそのままに表現したロゴマーク

    重なる食器のロゴデザイン

    こちらはガラスを使った商品を扱うお店のロゴの様です。色付きのガラスの様子が、半透明の色で描かれた器が見事に表現していますね。重なり合う色が、器が実際に重なりあう器が作る影まで描いているようで、立体感を感じさせますね。ガラス系を扱うお店としてはこうした半透明のカラーをロゴに用いるとお客様にとってイメージがストレートに入ってきて、宣伝としても効果的のように思います。

     

    2つのカラーの文字が重なり合うロゴデザイン

    文字が重なり合うロゴ

    前の2つとは大きく変わって、こちらは色ではなく文字が重なり合うロゴデザインです。黒で描かれる店名は何よりも前に出て読み易いですが、後方に描かれた滑らかな筆記体はどちらかというと読みにくいです。ところが、こうして描かれた赤い文字も店名の一部であるCRANEであると気付くと一気にデザイン性が高く感じられるのが不思議です。一番手前に描かれた文字と全く関係の無いものを後方に描いてしまうと逆効果となりますが、トップの文字を違うスタイルでこうして描くと後方の文字はデザインとしてその文字としての効果を良い意味で失う様ですね。面白いアプローチです。

     

    重なり合うイメージはその重なり合うデザイン同士が邪魔し合わないことが鉄則です。お互いの良さをかき消してしまわない様に、それぞれの配色がとても重用なポイントとなりそうです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 重なり合う色やデザインが画期的なロゴデザイン作成例 -#624

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。