記事の詳細

変わった形をした鉛筆のロゴデザイン制作例 -#622

  • 2018.10.16

  • 変わった形をした鉛筆のロゴデザイン

    まっすぐな鉛筆の形を自由に変え、違う形にしてしまったロゴデザインをご紹介します。鉛筆らしさを残しつつも、あり得ない形に変えてしまったデザインたち。鉛筆の持つ特徴と機能性を組み合わせ、新たな形へと生まれ変わることで、独自のメッセージ性を生み出しています。

     

    カメラと鉛筆が合体した事業のロゴデザイン

     

    View this post on Instagram

     

    Logopromotionさん(@logopromotion)がシェアした投稿

    鉛筆の中には丸いレンズのようなものが?どうやらこれはカメラのよう。鉛筆型のカメラの形をしたロゴデザインです。真実を写す写真と、鉛筆を組み合わせることにより、クリエイティブな印象に。明るいオレンジで描くことで、注目度の高い、ワクワクする記事を書いてくれるサービスを想像してしまいます。

     

    巻いた紙が鉛筆になったロゴデザイン制作例

     

    View this post on Instagram

     

    Logopromotionさん(@logopromotion)がシェアした投稿

    クルっと巻かれた紙の先には、鉛筆の芯が。書かれる紙と書く鉛筆が一体になったロゴデザインです。太い黒の線で描かれた単調な姿ですが、グレーで陰影をつけ、丸めやすい紙の特徴をあらわして、分かりやすく表現しています。また、紙に平行な横線を入れることにより、文字が書かれていることが分かり、鉛筆の存在感もキチンと描き出しています。

     

    水引みたいな鉛筆のロゴデザイン制作例

     

    View this post on Instagram

     

    Logopromotionさん(@logopromotion)がシェアした投稿

    長い長い鉛筆をくるっと丸め、ハート型に結んだロゴデザインです。鉛筆の角をあらわす線が、ストライプ模様のようなデザインに見せているため、オシャレな水引にも見えます。かわいらしくも、おめでたい雰囲気に、縁結びや結婚を想像させる幸せなロゴのようです。鉛筆らしく先をとがらせ、これだけ形を変えながらも、直線的な鉛筆の印象を壊さずに見せています。お祝い事にふさわしい書き物を提供しているサービスのロゴには、ピッタリかもしれません。

     

    現実の鉛筆は固く、決して自由な形にアレンジすることはできませんが、デザイン上ならどんな形にすることも可能です。柔軟な発想があれば、まっすぐで曲がらない鉛筆だって、あり得ない形にできそうなもの。どんな風に曲げ、何と組み合わせてみようかと考えると、見たことのないロゴデザインを作ることができるかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 変わった形をした鉛筆のロゴデザイン制作例 -#622

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。