記事の詳細

ゾウを意外な形に変えてしまったロゴデザイン -#619

  • 2018.10.16

  • ゾウを意外な形に変えてしまったロゴデザイン

    ゾウの特徴を捉えつつ、他のモチーフと融合させたロゴデザインをご紹介します。あんなものと掛け合わせ、意外な姿に変えてしまったデザインには、どんなものがあるのでしょうか?

     

    危険なエレファントガンのロゴデザイン

    ゾウの鼻と思われる箇所が銃の筒になったロゴデザインです。上向いた顔からまっすぐと伸び、引き金は牙のようにも見えるため、うまくシンクロさせたデザインです。黒×黄色という刺激を感じる配色ですが、明るい黄色が目を引きます。さらに姿をリアルに描き出さず、シルエットのみにしたことで、野蛮さよりもポップさを前面に出したロゴに仕上げられています。

     

    ゾウの形をしたリンゴのロゴデザイン

    大きなゾウをコンパクトに丸め、赤く染めて小さなリンゴにしたロゴデザインです。大きな耳と長い鼻、つぶらな瞳という特徴を描いているため、色や形をアレンジしても、ゾウという分かりやすさがあるデザインに。さらに「ELEPPLE」という造語を添えて、他にはないリンゴをアピールしています。かわいらしく、女性や子供の関心を引きそうなロゴデザインといえるでしょう。

     

    よく見たらゾウに見えるクシのロゴデザイン

    先の丸いクシのようですが、小さな丸が一つ。ロゴ文字から察するに、どうやらゾウをモチーフにしているようです。手足が鼻のように長く、ゾウの姿を想像するのは難しいかもしれませんが、長い鼻と目を見ると、ゾウの表情に見えてきます。まるで子供が読む絵本のように、抽象的でゆかいな形をしたゾウのように。ただのクシでも、動物に見えることで愛着がわいてしまいます。

     

    ゾウの特徴を捉えつつも、ゾウに寄せるよりも他モチーフにポイントを置いているものも。少々強引でも、ゾウらしく見えれば、うまく融合してしまうようです。いろんなものと掛け合わせて、オリジナルのゾウを作ってみると、変わったロゴが生まれるかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ゾウを意外な形に変えてしまったロゴデザイン -#619

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。