記事の詳細

どんな内容の本かすぐに分かるロゴデザイン -#618

  • 2018.10.16

  • どんな内容の本かすぐに分かるロゴデザイン

    本にはさまざまなジャンルがあるだけに、一目でどんな内容が書かれた本であるかを示すことができれば、ターゲットを明確に絞ることもできますよね。内容とデザインをうまく融合させ、ロゴデザインへとまとめた例を見てみましょう。

     

    料理本のよくある使い方?を描いたロゴデザイン

     

    View this post on Instagram

     

    Pengdesignsさん(@pengdesignz)がシェアした投稿

    お鍋の下に敷いているのは、どうやら本のようです。鍋敷きのように使われている本は、きっと料理本なのでしょう。料理のレシピをふんだんに掲載しながらも、鍋敷きとしても使えるほど厚みのある本なのかもしれません。なじみのある光景に、親近感を抱くロゴデザインです。

     

    記した内容を強くアピールするロゴデザイン

    不思議な形の「S」ですが、どうやら本の立ち姿のようです。背景と同じ白に溶け込ませながらも、立体的な本の姿を描いています。境界線を描かず、カラーをつけることにより、Sの字が目立つロゴデザインです。Sは「SLOGAN」の頭文字。スローガンを記した本なのでしょう。

     

    試験管は本の形?科学的反応をしそうなロゴデザイン

    試験管からブクブクと丸い泡が飛び出す、科学的なロゴデザインです。紺色の背景とグラデーションがかけられたモチーフは、サイケデリックな印象に。ただし、大きく描かれたロゴ文字からは、どうやら本をあらわしているようです。試験管は本の背を下にして立てた姿にも見えてくるでしょう。科学を専門とした本かもしれませんが、ポップな印象からは、おもしろい内容が記された本を想像してしまいます。

     

    本の内容が明確に分かるものから、なんとなくジャンルは分かるけれど、内容は読んでみないことには分からなさそうなものまで。本とその中身を使ってみれば、多くのロゴデザインを生み出すことができそうですね。シンプルにそのままあらわしてもいいですが、少しひねることで印象に残るデザインになります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. どんな内容の本かすぐに分かるロゴデザイン -#618

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。