記事の詳細

動物と組み合わせて作ったロゴデザイン -#617

  • 2018.10.16

  • 動物と組み合わせて作ったロゴデザイン

    動物と異なるモチーフを組み合わせて、ロゴデザインにした例を見てみましょう。関連性がなくても、うまく組み合わせればしっくりとくるもの。動物らしさを損なわずに作り上げたロゴを紹介します。

     

    ロゴ文字と馬を組み合わせたロゴデザイン

    「HORSE」のRに馬の顔を入れたロゴ文字です。そのままで分かりやすいものの、ちょうどセンターのRに入れたことにより、印象的なロゴに仕上がっています。また、Rの形に自然となじむよう、馬体のカーブとシルエットをバランスよく配置しています。単純に見せながらも完成度が高く、ナチュラルな雰囲気に。彩度を押さえることで、より洗練された印象を与えるロゴデザインです。

     

    猫の耳と音楽を聴く耳を組み合わせたロゴデザイン

    音符の中に、猫の耳を入れただけのロゴデザインです。モチーフだけでは分かりにくくても、ロゴ文字を大きくすることで、パッと見た瞬間に猫を見つけてしまうでしょう。余計なものをいっさい入れず、猫の耳を入れただけです。また、音楽を聴くための耳を象徴的にあわらしたことで、よりデザインのメッセージ性を強めているでしょう。

     

    スペードにウサギを強引に合わせたロゴデザイン


    見る人によって、見えるものが変わりそうなロゴデザインです。ウサギに見える人もいれば、スペードが目につく人もいるのではないでしょうか?カーブの角度とラインの幅を統一し、うまく組み合わせました。ただし、大きなロゴ文字があるからこそ、分かるとも言えます。スペードをベースにしているため、文字は細く下に配置。見えにくいウサギの文字を太く描き、上に配置しています。そのため、ちょっと強引に見せているウサギが伝わりやすくなり、ロゴマークが不自然に見えないように配慮されています。

     

    動物とまったく関係な形を組み合わせているのに、おもしろさが出てくるものばかり。ロゴ文字でフォローすれば、端的なマークでもうまく伝えることができるようです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 動物と組み合わせて作ったロゴデザイン -#617

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。