記事の詳細

コーヒー豆をモチーフにしたロゴマークの制作例 -#593

  • 2018.09.28

  • コーヒー豆をモチーフにしたロゴマークの制作例

    老舗の喫茶店などの店内に、世界中の産地のコーヒー豆のサンプルが展示してあるのを見たことがあるかもしれません。品種や焙煎の仕方などによって外見も異なっています。細かく見ていくといろいろと興味深い違いのあるコーヒー豆ですが、いずれにせよ、楕円形のシルエット、中央の切れ込み、おいしそうな色などによって、一目でコーヒー豆とわかります。

     

    コーヒー豆を規則正しく並べたロゴ制作例

    コーヒー豆を規則正しく並べたロゴデザイン

    大小のコーヒー豆が同心円状に規則正しく並べられています。花のようにも、花火のようにも見えます。コーヒー豆のイラスト自体はオーソドックスなものです。また、同心円のパターンも特に驚くようなオリジナリティーは見られません。しかし、コーヒー豆をひとつのピクセルのように扱って、別の図形を描くアイデアは結構めずらしいのではないでしょうか。コーヒー豆の数が多いのですが、うるさくは感じません。フォントのセレクトの効果もあって、モダンで都会的なロゴになっています。

     

    コーヒー豆の切れ込みが文字になっているロゴ制作例

    コーヒー豆の切れ込みがタイポグラフィになっているロゴ

    コーヒー豆の外観上の特徴のひとつに、1本の切れ込みがあります。このロゴでは、その線がアルファベットになっていて、豆4粒で「Just」という店名を表しています。コーヒー豆らしさをこわさないようにうまくレタリングされているので、豆を個別に見せられたらアルファベットとはわからないかもしれません。豆の大きさをまちまちにしてあるのも、ロゴのあたたかみを出すのに貢献しています。

     

    コーヒーへの愛情をコーヒー豆で表現したロゴ制作例

    コーヒー豆のハートロゴ

    ふたつのコーヒー豆が重なってハートマークになっています。作者自身が大のコーヒー党らしく、オンでもオフでも、アイデアを練っているときでも、納期に迫られているときにもコーヒーカップが離せないそうです。温かみのある手書き風のフォント(実際に手書きかもしれませんが)がいい味を出しています。

     

    コーヒー豆は、カフェを象徴するものとして、きわめてキャラクターの立った要素です。そのため、よほど極端な変形をしなければ、かなり大胆なアレンジをしても、コーヒーに関連していることを伝えることができるでしょう。誰もが思いつくモチーフではありますが、アイデア次第でユニークなロゴが生まれる可能性があります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. コーヒー豆をモチーフにしたロゴマークの制作例 -#593

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。