記事の詳細

愛嬌たっぷり、動物が可愛いロゴを作るには?(3) -#590

  • 2018.09.28

  • 愛嬌たっぷり、動物が可愛いロゴを作るには?(3)

    動物特集の第3回、最後のテーマはペットの代表格とも言える犬と猫をそれぞれ用いたロゴデザインをご紹介していきたいと思います。

     

    外に出る幸せを表現した犬のロゴデザイン

    犬のロゴデザイン

    犬を飼ったことがある方なら誰でも、彼らがどれ程外を好きか知っていますよね。少し開けた窓から顔を出しては忙しそうに匂いを嗅いで尻尾を振っている様子はいつ見ても可愛らしいです。こちらはそんな彼らのドライブ風景を見事に切り取ったロゴです。車の窓から顔を出して風を受けている様子から自然とその車のスピードを感じさせますね。楽しそうな表情によって彼がどれ程ドライブが好きなのか上手く表現されています。車を使ったデザインから想像すると、こちらはデリバリー系の会社かもしれませんね。そこに犬をデザインに取り込むことによって、犬特有の忠誠心がさりげなく会社のイメージに反映されて、信頼のあるブランドイメージを自然と構築出来ているようにも見ることが出来ますね。

     

    キラキラな女の子を猫を重ねたブランドロゴデザイン

    猫のブランドロゴデザイン

    自由気ままに振る舞う猫はどこか女の子と重なり合う部分が多いのではないでしょうか。猫らしい目を強調させた目元と、お花を自慢げに頭に載せた猫がちょっと小悪魔的で可愛いですね。相手に媚びずに自分のしたいように振る舞い、でも自分が欲しい物があればちょっと甘えてみたりも出来る、柔軟な自由さは女の子が憧れるスタイルかもしれませんね。女の子の強い見方、といった印象をブランドロゴから与えることが出来そうで、ブランドのモチーフとしてプラス効果が期待出来そうです。見方によってはjewellyとapparelの文字が頬に掛かって、少し赤くなった頬の様にも見えるかもしれません、それか猫自慢のお髭かもしれませんね。ちょっとおすましした可愛さが何とも憎めないデザインです。

     

    キャラクターとして犬と猫を描く際、不思議と犬は元気な雄の犬、猫は上品な雌の猫、として描かれることが多い印象を受けます。それは自然と活発な犬のイメージが男の子に繋がり、静かに過ごす猫の様子が女の子をイメージさせるからかもしれませんね。いずれにしてもそうした無意識の内に描く対象のイメージがあることに気付くと面白いですよね。3回に渡ってご紹介した可愛らしい動物を用いたロゴでしたが、お気に入りのロゴは見つかりましたか?


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 愛嬌たっぷり、動物が可愛いロゴを作るには?(3) -#590

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。