記事の詳細

愛嬌たっぷり、動物が可愛いロゴを作るには?(1) -#580

  • 2018.09.19

  • 愛嬌たっぷり、動物が可愛いロゴ(1)

    動物好きの人も、少し動物が苦手な人も、愛くるしい動物のイラストはつい可愛い!と反応してしまうのではないでしょうか。無邪気に遊ぶ様子、無防備に寝ている様子、そして私達を見つめる彼らのツヤツヤとした目。どれを見ても和んだり、どこか優しい気持ちになれるような不思議な力を彼らは持っていますよね。そんな可愛い動物達が主役のロゴデザインを3回に渡ってご紹介していきます。第1回は動物の顔を大きく取り上げたロゴ作品です。

     

    犬の王道アングルを用いたロゴ作成例

    犬の王道アングルを用いたロゴ

    こちらは犬を描く際にはもう王道とされている鼻アップのイラストです。飼い主をじっと見つめて微動だにしない、犬の忠誠心を感じさせるデザインです。このデザインで素敵なのはそれぞれのラインが繋がり合うことなく、少し歪みがある所で、どこか力の抜けた、ゆるくカジュアルなお店の雰囲気を作り出している様に思います。犬の目が少しずつサイズが違う所も、その延長ではないでしょうか。完璧な犬の絵、ではなく、それぞれの犬の個性を描いたデザインとして見ることが出来ますね。アップになった鼻に店名を入れるのも面白いアイディアですね。犬の可愛さを存分に発揮したロゴデザインです。

     

    豚だって鼻をアップに – 定番アングルのロゴ

    豚のロゴマーク

    こちらも前の作品と同様、鼻をアップにしたデザインです。犬にも負けず、彼らの特徴的な鼻の形が印象強く、また可愛さが表れています。少し傾げたような顔の角度も可愛さをアップさせていますね。動物のピュアな眼差しは見るものにポジティブな印象を与えます。お店のロゴとしても親近感やプラスな印象を与える、良い効果を発揮しそうです。

     

    ポップに描く可愛さが魅力的な鳥の雛のロゴ

    鳥の雛のロゴ

    こちらは顔アップの中でも一番ポップな作品です。離れた目、小さな口、真ん丸な顔。実際の鳥を連想するよりも、既に一つのキャラクターとして確立しています。目が大きくて可愛い、というのとは少し違って、憎めない可愛さ、といったアングルで描かれているのが面白いですね。

     

    顔をアップにした作品にもそれぞれ異なるスタイルがあることが分かる3つのロゴ作品でした。描く動物によって可愛さにも様々な種類があることが感じられたのではないでしょうか。次回も引き続き可愛い動物ロゴを取り上げていきます。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 愛嬌たっぷり、動物が可愛いロゴを作るには?(1) -#580

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。