記事の詳細

企業ロゴ・ブランディング・カラースキームにおける6つのアドバイス

  • 2017.05.11

  • Online Business Startupというベストセラー書籍の著者であり、ビジネスコーチ・スピーカーとして活躍するRobin Waite 氏。今回はそんな彼のYoutubeチャンネルから「企業ロゴ・ブランディング・カラースキームにおける6つのアドバイス」についてご紹介したいと思います。※記事掲載は担当者に許諾を得ています。(Thank you, Robin !!)

    以下翻訳内容になります。

     

    企業名を考えたら、ロゴとブランド、色について考えていきましょう。

    アドバイスその1

    1. リサーチをする

    まずは何事もリサーチからです。ロゴデザインに関しては、グーグル検索で「ロゴ」を画像検索すれば、様々なタイプの何千ものロゴやカラースキームが出てきます。ここで、自分の好きなロゴと好きではないロゴを選んでください。

    2. 鉛筆と紙を使ってアイデアをスケッチする

    リサーチの段階でできることの2つ目は、紙と鉛筆を使って自分のロゴのデザインとコンセプトを描いていくことです。自分のロゴに含ませたいコンセプトやコアバリューを考える時に明確なアイデアが浮かんでくるでしょう。それらのアイデアは最終的なロゴのグラフィックデザインの作成にとても役立ちますので、全て紙に書いておいてください。

    3. インスピレーションを受ける色を探す

    最後に、色について考えていきます。「colourlovers.com」というウェブサイトがあるのですが、このウェブサイトではお気に入りのカラーパレットを投稿したり、他の人が投稿したカラーパレットに投票したりすることができます。他人のアイデアや、どの色がどの色を引き立てるのか、どんなカラーパレットが良いのかなどを知ることができます。

     

    アドバイスその2 よくあるデザインの間違い

    1. クリップアートを使わないこと

    私からの2つ目のアドバイスは、良いロゴデザインにつながらないことについてです。小さな企業ではよく見られるクリップアートですが、これは間違いです。ロゴにクリップアートは使わないでください。

    2. 他企業のロゴデザインをコピーしない

    次に、ライバル企業のロゴをコピーすることもよく見られますが、これも避けましょう。ライバル企業のロゴにとても似ているロゴは避けましょう。

    3. KISS – Keep It Simple Stupid(できるだけ単純にしておけ)

    最後に、良くないロゴにありがちなのはディテールの多さです。私は特にブランディングとロゴの作成には「Keep it simple stupid」のプロセスを使っています。ロゴがうるさすぎると、とても分かりにくいものになってしまいます。

     

    アドバイスその3 プロのデザイナーに依頼しよう

    3つ目のアドバイスとして、ブランディングプロセスやロゴデザインをプロのデザイナーに依頼することをお勧めします。プロのグラフィックデザイナーは、熟練していて、色についての理解があり、スクリーンや紙に最適なデザインや色を知っていますし、なんといってもプロですから。

     

    アドバイスその4 決まり文句や比喩を避けること

    4つ目のアドバイスは、決まり文句や比喩を避けることです。もし自分のロゴのデザインを説明しなければいけないなら、そのデザインは正しく機能していません。ロゴはとにかくシンプルで、一目瞭然であり、明確であることが必要です。ですから、自分のロゴを説明しなければならない気まずさを避けましょう。

     

    アドバイスその5 KISS – Keep It Simple Stupid

    5つ目のアドバイスは先ほど話しましたが、ロゴデザインをシンプルに保つことです。良い例はアップルのロゴです。初期のロゴは様々な色が使われていましたが、何度もリデザインとリブランディングを経て、フラットで単色、単純なアウトラインを使ったデザインになっています。KISSの法則を使いましょう。

     

    アドバイスその6 ブランドの一貫性を保つ – ブランドガイドラインを作成する

    最後のアドバイスは、ブランドの一貫性についてです。あなたのブランドは、ウェブサイトや印刷物、本、文房具、名刺、チラシなど至る所で使われるので、ブランドの一貫性が求められます。そのためには、マーケティング資料を作成する際にあなたやあなたのデザイナーが参考にできるような2〜4、もしくは8ページのブランドガイドラインを作成しましょう。

     

    おさらいすると、

    1. リサーチをする

    2. 悪いロゴにある要素を学ぶ

    3. プロのデザイナーを使う

    4. 決まり文句や比喩を避ける

    5. シンプルに保つ

    6. ブランドガイドラインでブランドの一貫性を保つこと

    が大切です。

     

    ・この記事は制作者に許諾を得て掲載しています。


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. 企業ロゴ・ブランディング・カラースキームにおける6つのアドバイス

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。