記事の詳細

アルファベット1文字のロゴデザインのコツ -#546

  • 2018.08.30

  • アルファベット1文字のロゴ

    ロゴマークやアプリなどをアルファベット1文字を使って作成する機会は少なくないと思います。アルファベットをロゴ化するにあたってのアプローチはさまざまです。できるだけ互いに異なる表現の仕方をしているサンプルを紹介します。

     

    太い輪郭線と色の面で作られた「C」のロゴ

    アルファベットの「C」が3つの色の面に分割されています。それぞれの面は極太の線で縁取りされているので、いかにもロゴマークらしい力強さがあります。色の面には影が加えられているので、メビウスの輪のような不思議なねじれ方をしtえいるようにに見えます。極めてシンプルに構成されているので、SNSのタイムラインなどで縮小されたり、アプリアイコンなどで使用されてもデザインが破綻することはないでしょう。

     

    迷路のような線で描いた「K」のロゴマーク

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    大文字の「K」が互いに入り組んだ数本の線で構成されています。まるで迷路のようです。ついつい道をたどってみたくなります。ビデオゲームなどのロゴに応用できるかもしれません。もとになる書体や、ゴールド系の色、迷路のようなアレンジなどによって、どことなく中性ヨーロッパを思い起こします。

     

    水彩で描いたような「S」のロゴマーク

    筆先から水彩絵の具をしたたらせて書いたようなアルファベット「S」のロゴマークです。青と赤で描いた透明感のあるふたつの文字が重ねられています。重なった部分は極端に明度が低くなっています。偏光板フィルターを2枚重ねたときに、重なった部分だけ光が透過しない状態に似ています。この作者は、アルファベットの大文字すべてについて、これと同じ手法で作成しています。

     

    立体的な「U」のロゴマーク

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    アルファベットの「U」をロゴ化しました。プラスチックのオブジェの一部を切り取ったように見えます。角柱の内側のグラデーションが曲面をうまく表現しています。このように立体的なロゴは、実際にエンブレムを製作しても、平面のロゴと統一感が保てるでしょう。

     

    今回ピックアップした4つのロゴマークは、太いボーダー、線で構成、水彩絵の具、立体、とそれぞれ異なったアプローチでアルファベットをアレンジしています。アレンジのバリエーションは限りなくあるでしょうが、今回紹介した作品もきっとアイデアの助けになると思います。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. アルファベット1文字のロゴデザインのコツ -#546

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。