記事の詳細

エスニックなテイストを持つロゴの作成例 -#535

  • 2018.08.25

  • エスニックなテイストを持つロゴの作成例

    現存するエスニックなデザインのモチーフやエッセンスを取り込んで、新しいロゴに仕立て上げたサンプルをピックアップしました。いずれもモダンな加工を施してありますが、どこか柔らかく、また自然を感じさせるものです。

     

    カメをシンボライズした整体療法のロゴ

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)と呼ばれる施術とマッサージを組み合わせたビジネスのためのロゴマークです。ビジネスの名称は「Turtle Moon」(カメの月)。アメリカ大陸の先住民の一部は、月の満ち欠けで1年を計っていました。1月が28日で、1年が13ヶ月となります。実は、カメの甲羅は13枚の大きな板とそれを取り囲む28枚の小さな板から成ります。このため、亀の甲羅をカレンダーとして使っていたそうです。これは「turtle moon calendar」(亀の月カレンダー)とも呼ばれています。このロゴではカメの背中を渦巻きにしてあるのも、神秘的な力を感じさせますね。

     

    デジタルアーカイブシステムの象形文字風のロゴ

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    歴史的な町や都市の資料として、記録文書や写真、新聞を保存するためのデジタルアーカイブシステム「Archivo」のためのロゴです。シンボルマークはライオンの横顔をモチーフにしています。そのタッチは、アステカやマヤの象形文字を思い起こさせます。シンボルマークの下に置かれたロゴタイプも、おそらくオリジナルのフォントと思われますが、シンボルマークの雰囲気にマッチしています。

     

    アフリカンマスクをモチーフにしたロゴ作成例

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    魔除けなどさまざまな思いを込めて使われる仮面は、日本人にとっても馴染み深いものです。仮面が文化や生活に根付いている地域は、世界でも一部に限られているそうです。西アフリカもそのひとつで、このロゴマークはそれにインスパイアされたアイデアです。「UMBA consulting」(UMBAコンサルティング)という会社がどんな分野を対象としているのかわかりませんが、これを見た人の記憶に残ることは間違いありません。商談もはずみそうです。

     

    エスニックな印象を受けるロゴを並べてみると、曲線と複雑さに特徴があるようです。幾何学的な要素をできるだけ減らして、有機的な曲線にする。モチーフを繰り返す。やや不規則にする。などの処理によってエスニックな風合いが得られるのではないでしょうか。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. エスニックなテイストを持つロゴの作成例 -#535

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。