記事の詳細

古くて新しい日本のロゴデザイン -#526

  • 2018.08.22

  • 古くて新しい日本のロゴデザイン

    古き良き日本を表現しているようでいて、なんだか逆に新しく感じさせる。そんなロゴデザインを探してみました。和の要素を取り入れつつも、現代的なデザインを見てみましょう。

     

    歴史ある古都をシンプルに見せたロゴデザイン

    線のみで描かれた三重の塔が目立つロゴデザインです。四角の枠で囲ってラベルのように見せ、絵と文字をバランスよく配置したシンプルなデザインにまとめています。絵と同じくらいに目立つ「KYOTO JAPAN」のがロゴ文字ですが、決して悪目立ちさせず、ポップな雰囲気に。平安京を表す「794」を添え、歴史ある古都をあっさりと表現しています。

     

    忍者のようなサービスを提供するロゴデザイン

    黒い頭巾を被った忍者が見えるロゴデザインです。ロゴ文字の先頭「R」と頭巾を同じ形にデザインし、日本的な絵柄とアルファベットに統一性を持たせています。忍者をイメージさせるサービスを提供しているのでしょうか?個性があっても遊び過ぎないデザインが、堅実さを表しているかのようにも見え、信頼度をアップさせています。

     

    鳥獣戯画のようなレストランのロゴデザイン

    Logopromotionさん(@logopromotion)がシェアした投稿

    レストランのロゴデザインのようですが、鳥獣戯画を思わせる、服を着たウサギが目に付くデザインです。刀のようなものをかまえ、鋭い目つきのウサギは忍者や武士のように。そんなウサギに添えられている「食事」という文字がミスマッチのようで、気になってしまう方も多いでしょう。古い和紙に墨で描いたかのように見せ、和のイメージに。ですが、ポップでイラスト的なアルファベットを並べたデザインは、案外若い人をターゲットにしているのかもしれません。

     

    日本人だからこそ分かってしまう古いデータをもとに、新しいロゴデザインへと変換させているデザインたちです。海外の人にはそのおもしろさが伝わりにくいかもしれませんが、同じ日本人同士なら、ついつい気になってしまうもの。こんなロゴのデザイン方法があることを、ぜひ覚えておきたいですね。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 古くて新しい日本のロゴデザイン -#526

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。