記事の詳細

音楽にまつわるファニーなロゴデザイン -#520

  • 2018.08.18

  • 音楽にまつわるロゴデザイン

    音楽は時の経過とともに変化し、流れていく時間芸術ですが、宣伝したり表現するためにはロゴのような美術的な要素が必要です。ピアノモチーフを2つ、音楽記号を使ったユーモラスなロゴ1つ、あわせて3つのロゴを紹介します。

     

    木々が鍵盤をあらわしているピアノモチーフのロゴ

    Lim Heng Sweeさん(@limhengswee)がシェアした投稿

    木に生い茂った葉が、黒鍵を表現している絵画的なロゴです。背の高いすらっとした木の枝を、キリンがむしゃむしゃと食べているのがかわいらしいですね。キリンのドット柄がおしゃれな印象のデザインです。

     

    ペンギンが鍵盤を表現しているピアノモチーフのロゴ

    Lim Heng Sweeさん(@limhengswee)がシェアした投稿

    スティックバーのようなフォルムで描かれたペンギンの模様が、鍵盤の白鍵と黒鍵をユーモラスに表現しています。ペンギンは笑顔だったり眠そうだったり怒っていたり、と表情豊か。黄色いくちばしがさまざまな方向に向いているので、ロゴに動きを感じます。幼児のリズム教育、リトミックにもぴったりのロゴですね。

     

    へのへのもへじのような音楽記号を用いたロゴ

    Cody Weilerさん(@c.s.weiler)がシェアした投稿

    音楽で使われる記号を組み合わせて顔をあらわしたこのロゴ。眉毛がわりの休符とリピート、2分の2拍子をあらわす「C」に似た記号、フレーズの切れ目を意味するコンマ、フェルマータ、フォルテは、本来の使い方から外れて横向きに置かれています。そして鼻がわりのヘ音記号はさかさま。縦横の天地を無視した自由な配置は、常識にとらわれない気ままな音楽や演奏スタイルを連想させます。

     

    音楽モチーフは、すぐれたロゴが数多く発表されていて、定期的に取り上げたいテーマの一つです。鍵盤をロゴ化したものだけでも豊富なバリエーションがありますが、それだけ音楽や楽器というモチーフがデザイナーにとって魅力的ということなのかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 音楽にまつわるファニーなロゴデザイン -#520

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。