記事の詳細

音楽をモチーフにした楽しげなロゴの作成例 -#518

  • 2018.08.18

  • 音楽に関連するロゴをピックアップしました。音楽は、人間の喜怒哀楽から観念や思想まで表現できるので、「楽」という字があるからといって、それをモチーフにしたロゴがすべて楽しげになるとは限りませんが、今回は比較的明るいイメージのロゴを紹介します。

     

    トランペットと試験管を組み合わせたロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    トランペットの3本のピストンバルブが、色のついた液体のはいった試験管になっています。「音楽」と「実験」をそれぞれトランペットと試験管でシンボライズしたロゴです。「lab」とは、研究室、実験室、演習室などの意味を持つ「laboratory」の略です。「ラボ」という言葉で日本にも輸入されていますが、英語の略語は「labo」ではないので注意が必要です。単語の頭文字を大文字にしたうえで、スペースを入れずに複数の単語をつなげている「MusicLab」の表記は、プログラムなどで使われている「キャメルケース」と呼ばれるスタイルです。「MusicLab」は、このロゴのトーンから類推すると、「音楽研究室」という名前の音楽教室かもしれません。

     

    ト音記号を使った音楽学校のロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    ガウンをまとった卒業生が一斉に角帽を高く投げ上げるシーンは映画などでもお馴染みです。角帽を見ると学校、特に大学を連想するひとが多いのではないでしょうか。このロゴでは音楽をト音記号で、学校を角帽でシンボライズして組み合わせました。ト音記号がなんとなくマントのように見えるのがおもしろいです。

     

    モーツァルトという名の洋菓子店のロゴ

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    このロゴでは鍵盤がまず目に入りますが、その左右に何かが突き出しています。その上に交差させているのは何でしょうか。ひとつは泡立て器で、もうひとつはおそらく木ベラでしょう。鍵盤の下の文字は「patisserie」と読めます。パティセリー。そうです。これは「モーツァルト洋菓子店」のロゴなのです。店主の名前がたまたまモーツァルトなのか、店内ではモーツァルトが流れているのでしょうか。真ん中のイメージは、パン生地などを延ばす「めん棒」に鍵盤を組み合わせたものでした。

     

    音楽を象徴するものは、楽器や音符など数多くあります。そのような要素は音楽であることを明確にはっきりと伝えるので、それらを含むロゴのメッセージはわかりやすいと思います。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 音楽をモチーフにした楽しげなロゴの作成例 -#518

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。