記事の詳細

社章を作る際のポイントについて

  • 2018.08.16

  • 社章を作ろう

    社章のデザインはシンプルに

    社章を作る際のポイントですが、デザインを出来るだけシンプルにして社章をわかりやすくすることが大切です。元々の企業ロゴが非常にシンプルであれば支障ありませんが、社章の金型を作成する際にロゴが複雑ですと再現できない場合があります。そのため、場合によっては社章用にロゴを簡素化する必要もあります。

     

    社章のサイズを考慮したデザインにしよう

    また胸につけるバッジのサイズは非常に小さいため、仮に複雑なデザインが再現できたとしても、実際に対面距離で認識することは難しいでしょう。そういった意味でも社章のデザインは出来るだけシンプルな方が、相手にも伝わりやすくなりますし、企業を簡単に認識をしてもらう事が出来るようになるのでおすすめです。

     

    長く使用するなら金属製がオススメ

    材質にも気を使うことで、壊れにくいものを作ることが出来ます。プラスチック等よりも真鍮等の金属の方が長い期間使用できるでしょう。強度の高い材質を利用することで、傷つきにくい物を作ることが出来るようになりますし、落としても壊れてしまう心配もなくなります。

    会社ロゴのデザインについてはこちら

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. 社章を作る際のポイントについて

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。