記事の詳細

動物をモチーフにしたシンボルマークのサンプル例 -#500

  • 2018.08.13

  • 動物をモチーフにしたシンボルマーク

    可愛らしく、親しみやすく、愛くるしさを表現するとき、よく用いられるのが動物のキャラクターです。キャラクターはマスコット化され、マーケティング、ブランディングを支援します。

     

    Moofish cafe – カフェのロゴ作成例

    動物をモチーフにしたシンボル1
    “ Moo ” は英語で牛の鳴き声で、「ムー」と鳴きます。日本語では「モー」で少し似ています。ロゴシンボルは、カフェのマークものです。イタリア語でコーヒーショップはカフェテリアです。カフェというからフランスです。ミルクがいっぱい入ったカフェオレ、イタリアのカフェラテは有名です。この牛は、太ったフグのように魚化しています。 この “ Moofish ” は、新種の可愛いキャラクターです。

     

    クリエーティブエイジェンシーのロゴ作成例

    動物をモチーフにしたシンボル2
    タイポグラフィーには、 “ BIRD & WORM ” と英語で書かれています。日本語で「鳥と虫・ミミズ」です。正確には虫を追いかける鳥です。でもこれは “ The early bird gets the worm. ” 「早きは三文の得」に関係します。ロゴマークにことわざを使う裏技です。クリエーティブエイジェンシーは働き者で、早起きして仕事に励みますよと言うことでしょう。

     

    猫を抱くロゴ

    >動物をモチーフにしたシンボル3
    ルビンの壺をご存知だと思います。二つの顔に挟まれた空間を見ると、その空間は壺に見え、壺を見ると顔は見えなくなる。二つのことを同時に認識することは難しい。ロゴの猫と、猫を抱く腕と手は、このルビンの壺と同じ錯視を利用したものです。二つのものを近づけると、同時に見ることが可能になります。遠目に見ると二つを同時に認識しやすくなるのです。

     

    動物を扱ったシンボルでも、扱い方次第でこうも変わります。想像上の新しいキャラクター、ことわざから生まれたキャッチ、錯視を使ったシンボルと、ロゴを考えながら見るのも面白いものですね。

    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 動物をモチーフにしたシンボルマークのサンプル例 -#500

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。