記事の詳細

線で作られたロゴの表現 -#486

  • 2018.08.13

  • 線で作られたロゴの表現線には、直線、曲線、点線などありますが、線に見えるのは、点や、物質の集合を線として認識している為です。

     

    幾何学的ロゴ “ W ”

    線で作られたロゴ1
    西洋では、この論理的考えから線を使用しない表現が生まれました。それゆえ東洋で生まれた線描画を見て驚嘆したのです。デジタルデザインの可能性は無限大です。ロゴはペーパークリップのようにも見えますが、幾何学を使って制作されたものです。 “ W ” のアルファベットは、4つの相似形の三角形を使っています。複数の相似形を使っても、ロゴは一筆書きに仕上げられています。

     

    真鍮でできたロゴの “ WP ”

    線で作られたロゴ2
    1949年オーストリア生まれのウルフガンパックは、世界的に知られたシェフです。ロサンゼルスを拠点に、25軒以上をマネージするレストランロゴは、真鍮でできたアルファベットのようにデザインされています。線も幅を持つと面になります。 真鍮の光を表現するには、この幅が必要だったわけです。幅があることで輝く光りを表現しやすいのです。

     

    “ WOLFGANG PUCK ” のウォールサイン

    線で作られたロゴ3
    米国の同レストラン入り口用に作られた、壁などに取り付けるウォールサインです。バーチャルではない実際の看板用にデザインされたものです。外部に設置される看板には自然な光が差します。金文字部分は自然光で、光沢が変化します。

     

    線を使用したロゴにも、さまざまな表現があります。用途によってもデザインが変わります。デザインコンセプトは、かなり細かな部分まで詰めることをお勧めします。デザインもその方が方向性が定まりやすくなります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 線で作られたロゴの表現 -#486

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。