記事の詳細

フラットデザインとマテリアルデザインとは

  • 2018.08.12

  • フラットデザインとマテリアルデザイン

    スマートフォンの台頭によるデザインの変化

    現代ではスマートフォンやウェブサイトのデザインが、その他のデザインにも多大なる影響をもたらしました。今日におけるデザインにおいて主流になっているのが、フラットデザインとマテリアルデザインです。

    名称からも各々ははっきりとした違うものであるという扱いがされているものの、実際の各々を見比べてみた場合にはあまり違いがわからないと感じてしまう方が居るのも事実です。

    フラットデザインとは

    デザイナーにより様々な表現の方法がありますが、フラットデザインというのは単純明快に言うとその名の通り平面的に設計されている作品の事を指します。つまり、作られたものにグラデーションや影という立体感と奥行きが感じられる表現は積極的には施されていないという状態です。

    マテリアルデザインとは

    一方のマテリアルデザインというのは現実世界における物理の法則に基づいて設計されている物を指し、意識して作るとまるで実際に紙媒体に触れているように直感的な扱いをする事ができるようになります。そのため、フラットデザインとは相反するように重なりと奥行きをいかに強く感じられるようにできるのかを意識して作られています。

     

    このような違いを知ると各々の差異点は影の有無のみに感じられてしまうのですが、単にフラットな様相に対して影を付けただけではマテリアルが構築されるわけではないというのが奥深いところですし、マテリアルに関しても全ての作品において必ず影が採用されているわけではありません。

    実はそれぞれにはガイドラインが制定されているので、正確に詳細を知るためにはガイドラインを目にすると理解を深める事ができるのですが、ガイドラインによればそれぞれ流行りだした時期が異なる事がわかりますし、最初に用いるようになった企業が異なる様子もわかります。

    フラットデザインが流行し始めて普及したのは2012年からであり、マテリアルデザインは2014年に大手検索エンジンのグーグルが発表をしたものです。

     

    マテリアルデザインとフラットデザインの未来

    こうした様子からわかりますが、フラットデザインは言うなれば自然発生的に生まれたものであるのに対し、マテリアルデザインは検索エンジン最大手のGoogleが意識的に生み出したものであるという事なので、マテリアルデザインの方が決まり事がはっきりとしているという特徴があります。反面、フラットは自然発生的に生じたものなので正解が無いものの自由度が高く、今後も伸びしろがあり進化していく可能性が高いです。

    企業ロゴを作成する

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. フラットデザインとマテリアルデザインとは

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。