記事の詳細

水の波紋をモチーフにしたロゴデザイン制作例 -#480

  • 2018.08.05

  • 水の波紋をモチーフにしたロゴデザイン

    モネ、マネが光や水面の反映をキャンバスに写しとろうとしたように、またドビュッシーやラヴェル、リストといった作曲家が水の自由な様相を音に置きかえようとしたように、水はアーティストの心を惹きつける要素として昔から注目されてきました。今回は波紋に注目して、ロゴをピックアップしてみました。

     

    ボートが描き出す水の模様のロゴデザイン

    Logos & Design Inspirationさん(@logos.ai)がシェアした投稿


    エンジンボートが水色の広い空間を滑っていきます。ボートの形に広がる水の波立ちはしなやかでなめらか、そして静かに消えていくのでしょう。余白を多めにとることで、波紋の広がりを予感させるデザインになっています。

     

    山々と水面に映る山の影を描いたロゴデザイン

    Design Studioさん(@logozigner)がシェアした投稿

    黒い山々の下に揺らめく幻の山は、風や波によって刻々とその表情を変えます。三角と丸で構成されたシンプルなデザインですが、水面に映る山の揺らぎはリアルに描写されています。波の状態を教えてくれるサーフィン向けアプリなどにも応用できそうなデザインです。

     

    半ば水に浸かったアルファベットのロゴデザイン

    Logos & Design Inspirationさん(@logos.ai)がシェアした投稿

    TIDEは潮という意味です。潮が満ちてきて水中にアルファベットが沈んでいく、そんな様子をあらわしているのでしょうか。水に浸かった部分はゆらゆらと揺らめいていますが、文字色には変わりがありません。澄んだ水を演出しているところがシンプルで美しさを感じるポイントなのかもしれませんね。WATER(水)やLAKE(湖)、SEA(海)でないところに文字チョイスのセンスを感じさせます。

     

    波紋は同じものが一つとしてない、一瞬の美です。しかしロゴとして描く場合は何度見ても変わらず美しさを感じさせる、絵画的な視点で波紋をとらえる必要があるでしょう。場合によっては大胆なデフォルメや簡略化も求められます。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 水の波紋をモチーフにしたロゴデザイン制作例 -#480

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。