記事の詳細

ボートモチーフのロゴデザイン制作例 -#479

  • 2018.08.05

  • ボートモチーフのロゴデザイン

    2人がやっと乗れるほどの小型ボートから、数人でクルーズが楽しめる大型ボートまで、さまざまなサイズがあるボート。どのようなボートをモチーフとしてチョイスするかで、浮かんでくるストーリーも変わってきます。

     

    円の中に波とボートを描いたロゴデザイン

    GAMAL SALEMさん(@g.salem_designs)がシェアした投稿

    モノクロの海に浮かぶ、白いボート。それほど大きくはないようですが、簡易的なボートというよりも設備が整ったクルーズ用のボートという印象です。波と海のパターン化した表現や、ボートの黒い縁取りは版画の技法を思わせます。

     

    BOATとコンパスを組み合わせたロゴデザイン

    Alex Jojicさん(@alexjojic)がシェアした投稿

    BOATの「O」をコンパスに変身させたロゴデザインです。航海の七つ道具として欠かせないアイテムであるコンパスと、ネイビーカラーの組み合わせは海関連デザインの鉄板といえるものでしょう。気を衒わないシンプルさは、マリンスタイルの最大の魅力です。

     

    陸に揚げられたボートを写実的に描いたロゴデザイン

    Charles Chewさん(@charleslchew)がシェアした投稿

    自由自在に走ることができる海から陸地へと揚げられ、じっと佇んでいるように見えるボート。持ち主の再来を待ちながらずっと広い海を見つめている、そんな物語が浮かんでくるような構図です。モノクロの中に一色入ったライトブラウンは絶妙なアクセントになっています。グレーの濃淡で描かれた水面は、水墨画にも通じるところがあるかもしれません。

     

    ボートは、エンジンボート、手漕ぎボートと動力源もさまざまです。それゆえ、デザインとして出す際にはディテールをどれくらい描くか、またどのような要素を省略するかという取捨選択が重要になってくるでしょう。省略の多い描き方ならファンシーに、写実的に描けば重厚でかっちりした雰囲気になります。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. ボートモチーフのロゴデザイン制作例 -#479

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。