記事の詳細

走る姿が美しい動物たちのロゴデザイン -#474

  • 2018.08.05

  • 走る姿が美しい動物たちのロゴデザイン

    野生の動物が走る姿は美しいもの。その美しさにとらわれ、ロゴにしたデザイン例をご紹介します。ただ走り抜けるだけでなく、印象的に仕上げたロゴデザインを見てみましょう。

     

    すばしっこく跳ねていく狐を描いたロゴデザイン

    Logolemon logo designさん(@logolemon)がシェアした投稿

    すばやく駆け抜けていくキツネの姿を描いたロゴデザインです。丸みを帯びながらもとんがった体のフォルムは、すばしっこく跳ねていくキツネの特徴をよく捉えており、足の動きや尻尾の動きに、リアリティを感じさせながらも、デザインチックに仕上げています。グラデーションで濃淡をつけ、前方向は明るく、光に向かって進んでいく姿が、見る人の心を捉えます。

     

    イリュージョンのように走るウサギのロゴデザイン

    Logolemon logo designさん(@logolemon)がシェアした投稿

    赤と水色、2色のウサギを描いた不思議なロゴデザインです。2匹のウサギを描いているのか?ウサギの影なのか?またはウサギの残像なのかもしれません。重なる2匹のウサギの体からはしぶきが飛び、駆けていく姿を、飛び散るしずくのような表現で描いています。まさに、イリュージョンというロゴ文字のような、錯覚を見せられたかのようなデザインです。

     

    闇夜を走り抜けるアーティスティックなヒョウのロゴデザイン

    小さな丸や四角を集めて描いたヒョウの姿。体の半分しかその姿を確認することができませんが、素早く駆け抜ける姿を想像させるロゴデザインです。小さな欠片でシルエットを描き出し、アートな雰囲気にも。あえて全身を描かないことにより、走り抜ける素早い姿を、スローモーションで見せられているかのようにも思えます。闇夜に浮かび上がるように描き、幻想的なロゴデザインに仕上げています。

     

    動物が走る姿をそのまま描かず、より美しく見えるように描きだしたロゴデザインたち。デザインを施すことにより、美しく見えるのはもちろん、様々な媒体で使いやすくなるでしょう。ただし、簡潔なシルエットで描くぶん、特徴をよく捉える必要があります。じっくりと観察してから、デザインに落としてみるといいかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 走る姿が美しい動物たちのロゴデザイン -#474

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。