記事の詳細

外国から見た日本をイメージしたロゴデザイン -#470

  • 2018.08.05

  • 外国から見た日本をイメージしたロゴデザイン

    日本人が考える日本のロゴではなく、外国人が考える日本のロゴデザインを集めてみました。海外からの集客を狙うなら、海外目線の日本をデザインしてみるのもいいかもしれません。

     

    富士山と不思議なモチーフを組み合わせたロゴデザイン

    Logo Heroさん(@logohero)がシェアした投稿

    日本を象徴する富士山と日の出、その下にはなぜか神社の鳥居を配置し、中には「富」の文字が!日の出はキラキラと輝き、富士山からはかすかに湯気のような煙も見えます。不思議なモチーフの組み合わせと、グラデーションの境目をキッチリと描いたポップな印象は、まさに海外ならではの発想かもしれません。決して明るくなり過ぎず、日本の象徴的な藍色を広く見せることにより、和のイメージを印象付けています。

     

    お土産パッケージに使えそうな狐面のロゴデザイン

    狐のお面がインパクトを放つ、何かのパッケージのようなロゴデザインです。神秘的な装飾を施した狐の顔は、どこか異国めいているようで日本的でもあります。「キツネ」の文字だけ日本語のカタカナにしているのも特徴的。お土産物として使用されていれば、買い物客に喜ばれそうなロゴデザインです。富士山と同じように藍色で見せ、英語表記が多くても、日本らしいイメージを壊さずにデザインしています。

     

    刀をふるう侍がいる日本料理屋のロゴデザイン

    「KATANA」と大きなロゴ文字が目立つ、日本料理のロゴデザインです。KATANAはそのまま「刀」を表し、ロゴマークの中には漢字が記されています。日本では挑戦的な名前とロゴですが、海外の人には興味を抱いてもらえそうなロゴデザインかもしれません。刀を構えた勇ましい侍のロゴとともに覚えやすく、日本料理をイメージしやすい効果があるのでしょう。モノクロで単的に表したことにより、日本料理のモダンな高級感を伝えてもいます。

     

    日本にはない発想で、日本らしさを伝えるロゴデザイン。ターゲットを異国から来た人として考えると、違った日本の姿を現すことができるようです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. 外国から見た日本をイメージしたロゴデザイン -#470

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。