記事の詳細

1つ多い?なぜか3つあるのが気になるロゴデザイン -#468

  • 2018.08.05

  • 1つ多い?なぜか3つあるのが気になるロゴデザイン

    1つ多い、または2つもいらないと思わせる、数の多いロゴデザインを集めてみました。なぜ3つも存在するのか?考え出したら気になってしょうがない、謎のロゴデザインをご紹介します。

     

    目が3つ!?レンズが多いメガネのロゴデザイン

    何故かレンズが3つもあり、フレームがすべて繋がっている奇妙なメガネのデザインです。不要なのは真ん中のレンズか?左右どちらか?見るほどに探りたくなり、ついつい見過ぎてしまうメガネのロゴデザイン。ただメガネのフレームを描いただけなのに、余計と思われるものが一つ増えただけで、気になるロゴデザインへと変貌しています。

     

    1つを消すと自転車が現れるロゴデザイン

    不思議な模様のロゴデザインですが、同じ形を描いている一つを隠すと、角度を変えた自転車が見えてきます。車輪とハンドルが一つなくなれば、自転車のロゴとして十分に伝わるはず。あえて余分な一つを加え、錯覚を起こさせているのが特徴的です。伝わりにくいようでいて、一度伝わってしまうと忘れられないデザイン。単純なトリックで強い印象を残すことができます。

     

    ハンガーが3つもあるロゴデザイン

    こちらは余分なのは1つではなく、2つかもしれません。3つのハンガーが組み合わさったように見えますが、その線をたどると1つのハンガーからできていることが分かります。2つは不要なハンガーではなく、必要な一つの一部であるということ。変わったハンガーを描いた、クローゼットのロゴデザインは、ハンガーを増やすことで、関連する複数の服をしまうクローゼットの意味を伝えているのかもしれません。

     

    数を増やさない方が、ロゴとしてはすんなりと表現できるのに、あえて数を増やして気になるロゴデザインへと変えたものもあります。奇抜なデザインを施さなくとも、違和感を持たせることで興味を惹くこともできる手法。増やしておもしろそうな素材があれば、ぜひ試してみてください。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 1つ多い?なぜか3つあるのが気になるロゴデザイン -#468

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。