記事の詳細

音符と音楽+関係ないものを組み合わせたロゴデザイン -#465

  • 2018.08.05

  • 音符と音楽に関係ないものを組み合わせたロゴデザイン

    すぐさま音楽を想像させることができる、音符のモチーフ。そんな音符を音楽とは関係ないものと組み合わせたロゴデザインをご紹介します。

     

    危険な銃に楽しい音符を融合したロゴデザイン

    銃と一体化したかのように、センターに音符が施されたロゴデザインです。トリガーの丸みが音符の一部となり、銃を縦に分断するように融合しています。関連性のない二つのモチーフですが、どちらも直線と曲線を組み合わせてできた形であることから、重ねても違和感がありません。危険なイメージのある銃に、音符を加えて楽しそうに見せたロゴデザインです。

     

    音楽を聴くたれ耳の犬が隠れたロゴデザイン

    変わった形をした音符の中には、犬の横顔が隠されています。音符の一部が覆いかぶさる耳のようにも見え、たれ耳の犬の姿が見えるでしょう。音を聞く「耳」がチャームポイントとなる犬を選び、まるで音に反応して振り向いたかのように見せることで、より音楽のイメージが伝わりやすくなっています。モチーフの組み合わせにより、ストーリー性のあるロゴデザインに見せています。

     

    水に沈んだ音符のロゴデザイン

    まるで水に沈んでいくように見える、怪しげな謎のモチーフ。水上に見える上半分の特徴的な姿から、どうやら音符のようです。もしかしたら沈んでいる最中ではなく、浮上してきた姿、または水中を進む姿を描いているのかもしれません。平面上に浮いたり沈んだり、横方向に進んでいく姿は、まさに楽譜に配置された音符を描いているかのよう。音符の動きと相性のいい「水」を組み合わせたロゴです。

     

    音符とは関係ないように見えても、組み合わせてみると意外としっくりくるものも。他にはないデザインを作り上げたり、よりメッセージを強めたりすることもできます。どれもモノクロでありながらも、印象に残りやすいロゴに仕上がっています。誰もが知っている音符を、音楽から離れた視点でデザインしてみると、意外なロゴデザインが生まれるかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴのアイデア&インスピレーション
    3. 音符と音楽+関係ないものを組み合わせたロゴデザイン -#465

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。