記事の詳細

楽しい読書時間を想像させるロゴデザイン -#463

  • 2018.08.05

  • 楽しい読書時間を想像させるロゴデザイン

    「本」を使ったロゴデザインは想像できても、「本を読む時間」を想像させるデザインはすぐには思い浮かばないことも。楽しい読書時間を思わせる、アイデアあるロゴデザインをご紹介します。

     

    本の世界に深く梯子をかけたロゴデザイン

    1冊の本の中に梯子がかけられ、まるで本の世界に降りていくことができるかのようなロゴデザイン。丈夫な梯子がかけられることにより、本の厚さ以上の深さを感じ、本から得る知識の量や世界の広がりを想像させられます。モノクロでシンプルに仕上げながらも、梯子にリアルな影をつけ、さらに黒い部分に質感をかけることで、重みを感じさせるデザインに仕上がっています。

     

    夜の時間をワクワクさせる灯台と本のロゴデザイン

    広く光を照らす灯台のロゴデザインですが、その光から見える夜空の影は、パラパラとめくられる本の姿にも見えます。様々な夜の世界を照らし出す灯台のように、ページをめくるたびに様々な世界を見せてくれる本。大人っぽいデザインではありますが、キラキラした夜空の星模様が、静かな夜の読書時間をワクワクさせてくれるようにも感じさせます。

     

    ブックタイムをお知らせするロゴデザイン

    針の数が多い時計のロゴデザインかと思えば、ロゴ文字から本が置かれていることに気づきます。立てた本を広げ、上から見た姿に重ねることができるのです。「BOOK」と本の中身を同じ細い線で描き、「TIME」と時計の針を同じ太い線で描いて、「本」と「時間」を明確に分けていることから、意図が伝わりやすくなっています。シンプル過ぎるほどのロゴですが、鮮やかな黄色に黒を合わせてインパクトを出しています。単純な線画を配色で強め、ちょうどいい加減にしたロゴデザインです。

     

    本はただの紙の束ではなく、読むことで脳や心に与える影響が大きいものです。そんな本を読むことの意味を、ロゴとして端的に表すことができれば、おもしろいロゴデザインを生み出すこともできるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 楽しい読書時間を想像させるロゴデザイン -#463

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。