記事の詳細

ワインを飲みに行きたくなるロゴデザイン -#461

  • 2018.08.05

  • ワインを飲みに行きたくなるロゴデザイン

    ワインをたしなむ人は多いもの。ワインを楽しみたいという人を引きつけるロゴには、どんなものがあるのでしょうか?ワインバーやワインをメインにしたイベントなどに使えそうなロゴデザインを集めてみました。

     

    たっぷりとワインを注ぎたくなるようなロゴデザイン

    ワインカラーの赤い丸の中には、空のワイングラスのシルエットが。ロゴ文字からも、ワインに合う食事が楽しめる雰囲気が感じられます。あえて空のグラスを見せ、丸く描いた背景と、グラスの丸みを強調させたことから、たっぷりとワインが飲めるお店やイベントであることを伝えているのでしょう。今すぐワインでグラスを満たしたくなるような、ワクワクさせるロゴデザインです。

     

    女性を引きつけるハイセンスなワインのロゴデザイン

    光沢で高級感を感じさせ、十分な空間に平面のワイングラスを配置し、オシャレな雰囲気に見せています。ワインの液体がグラスの中で揺れ、ハート型を作っているのが特徴的。静のなかに動を見せて視線を集めつつ、愛らしいモチーフで女性の心をキャッチします。華やかで都会的でありながら、若い女性を引きつける色使いとかわいさがあり、話題になりそうなほどハイセンスなロゴデザインに仕上がっています。

     

    大人のワインが楽しめそうな奇妙なキャラクターを使ったロゴデザイン

    Moises Fernandezさん(@mof_arts)がシェアした投稿

    頭部がワイングラスになった、謎のMr. WINE。シャツとネクタイのみのシンプルな装いから、ワインを擬人化させたデザインなのでしょう。カジュアルよりもセミフォーマル、またはサラリーマンなどの働き盛りの男性をターゲットにしているのかもしれません。モノトーンで作られているため、大人っぽいイメージがありますが、奇妙さを思わせるキャラクターが、親しみやすさをアピールしているロゴデザインです。

     

    ワインはその味だけでなく、飲む場所や楽しみ方をイメージさせることで、より集客させることができるのかもしれません。ターゲットや場のイメージを絞り込んでデザインをすることで、いくつものロゴデザインを生み出すことができそうです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. ワインを飲みに行きたくなるロゴデザイン -#461

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。