記事の詳細

ロゴデザインの無料テンプレートの違った使い方

  • 2017.04.18

  • 無料ロゴテンプレートの活用法

    無料テンプレートを、商号やブランドのロゴに使用するのはオススメしません。

    無料で利用できるということは、誰でも手軽に使えることになります。たくさんの人が利用するので独創性が無いロゴが増えるだけでなく、無料テンプレートを配布しているサイトの利用規約をしっかり確認しないと、実は商用利用ができないという場合もあります。簡単に使えて便利な無料テンプレートですが、注意すべきところをちゃんと押さえておく必要があります。しかし、そんなロゴの無料テンプレートも違った使い方でうまく活用する事ができます。

     

    無料テンプレートでチラシや企画書の見出しを華やかにできる。

    チラシや企画書の見出しに無料テンプレートのデザインを使うことは、良いアイデアではないでしょうか。ちょっとした工夫ですが、見栄えの良いタイトルやアイキャッチを短時間で仕上げることができます。無料テンプレートは確かに独自性に欠ける側面があるかもしれませんが、上手く利用すれば仕事の効率化に繋がりそうです。

     

    無料のロゴテンプレートやサービスは、使い方を工夫すれば便利なツールになる。

    使い所を理解すれば無料テンプレートのロゴでも多くのメリットがあります。絵本を見た時にまず目に飛び込んでくるのは絵です。人間は文字ではなく絵の方が先に情報として脳に伝達されるからです。ロゴも同じで、ロゴがあるチラシと無いチラシならロゴがあるチラシを見てみようという気になります。それはチラシ以外の他の物でも言えることです。企画書、リーフレット、名刺、サイト、看板のどれもに当てはまることです。

    無料テンプレートのロゴには確かにオリジナルデザインのロゴのようなインパクトはありませんが、ロゴが有るのと無いのでは人の目を引く度合いが全く違います。人の目を引くことが無ければ、興味を持ってもらうことが難しくなってしまいます。人の目を引いて興味を持ってもらうためには、他とは違うインパクトを持たせることは重要です。

    公に広まらないケース(社内プロジェクトなど)などで、急にロゴを使う事になった場合などは、一時的に無料テンプレートのロゴを利用するのも一つかもしれません。時間の短縮にも繋がる無料ロゴテンプレートやジェネレーターは、著作権や利用規約を守れば使い方次第で大変便利なツールになります。ただし、前述の通り、商号やブランドなどを含め、公に広く展開するものや長期的利用を視野に入れたものには、あまりオススメはできません。

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. ロゴデザインの無料テンプレートの違った使い方

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。