記事の詳細

音符をモチーフにしたロゴデザインの作成例 -#433

  • 2018.08.04

  • 音符をモチーフにしたロゴデザインの作成例

    19世紀イギリスの文人であるウォルター・ペイターは、「すべて芸術は絶えず音楽の状態に憧れる。」という言葉を残しています。音楽は、老若男女を問わず、国家や言語の壁も飛び越えて、人間の心をダイレクトに揺さぶることができるからでしょうか。ここでは、そんな音楽をイメージさせる音符をモチーフにしたロゴデザインの作成例をご紹介します。

     

    かわいい小鳥の足が音符になっているロゴ作成例

    最初にご紹介する作成例では、小鳥の足が音符になっています。「INSTRUMENTO」と書かれたロゴタイプを挟むようにしているのは、ドラムのスティックでしょうか。小鳥はスティックにとまって、ご機嫌なようすです。音符のモチーフが分かりやすく使われており、小鳥の表情とあいまって、爽やかで楽し気な雰囲気が伝わってくるロゴデザインですね。

     

    音符のたまがハートになっているロゴ作成例

    音符のにある丸い部分を「符頭」、または「たま」と呼ぶそうです。2番目にご紹介するロゴデザイン作成例では、この「たま」がハートになっています。ロゴデザイン全体は鮮やかな赤色で塗られており、ハートのイメージを、強く、直接的に打ち出しています。音楽と愛情というイメージを、とてもシンプルかつストレートに表しているロゴデザイン作成例です。

     

    音符の中にビルが描かれているロゴ作成例

    Ardimas Ramadhanさん(@garagephic)がシェアした投稿

    最後にご紹介するのは、音符の「ぼう」(「符幹」と呼ぶそうです)の間にビルディングが描かれたロゴデザイン作成例です。2本の符幹の間に、ビルの窓を表す小さな四角を数個配置するだけで、都市と音楽とをイメージさせるスタイリッシュなロゴデザインになっています。

     

    今回ご紹介したロゴデザインの作成例は、どれもモノトーンのシェイプで作成されています。企業のノベルティやアプリのアイコンなど、色々な場面で汎用的に使えそうですね。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 音符をモチーフにしたロゴデザインの作成例 -#433

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。