記事の詳細

手で何かの形を作っているロゴデザイン作成例 -#430

  • 2018.08.04

  • 手で何かの形を作っているロゴデザイン作成例

    わたしたちは言葉だけではなく、色々な手段でコミュニケーションをとります。表情は言うまでもなく、身振りや手振り、ときには指を使ってちょっとしたサインも作ります。ここでは、指で何かの形を作っているロゴデザインの作成例をご紹介します。

     

    指で写真のフレームを作っているロゴ作成例

    LOGO PLACE®さん(@logoplace)がシェアした投稿

    写真を撮るときに、構図を決めるために指でフレームを作ることを「指フレーム」というそうですが、最初にご紹介する作成例では、この指フレームが使われています。ロゴタイプに「CAPTURE」、「撮る」と書かれており、フレームを作っている指が、ちょうど「C」の文字を囲んでいます。よく見ると、「C」の文字がカメラのレンズに、上下の指がカメラの筐体のように見えます。シンプルですが良く工夫されたロゴデザインの作成例です。

     

    ネガティブの「N」を表したロゴの作成例

    Alexander Tsanevさん(@alexander.tsanev)がシェアした投稿

    次にご紹介するロゴデザインの作成例でも、左右の手で何かを表しています。一見、一対の手が向い合せに並べられているだけに見えますが、両手の隙間をよく見ると、「N」の文字が浮かび上がってきます。ダークブルーの背景、薄い紫で彩色された一対の手からは、どことなくネガティブな雰囲気が漂ってきます。

     

    家の形を作っているロゴ作成例

    Dimitrije Mikovicさん(@dimitrije.disegno)がシェアした投稿

    最後にご紹介するのは、片方の手で家の形を作っているロゴデザイン作成例です。親指と人差し指の先を合わせるこの形は、普通ならばお金を表すのですが、ここでは家の形をしています。家はお金と同じくらい大事だ、ということでしょうか。それとも、家を持つにはお金がかかる、という意味でしょうか。いずれにしても、よくあるサインに、家とお金という2つのイメージを持たせることに成功しています。

     

    手や指はよく使われるモチーフであるだけに、ロゴタイプと組み合わせる、複数のイメージを持たせるなど、ちょっとした工夫をすることで、より伝わるロゴデザインになるのではないでしょうか。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 手で何かの形を作っているロゴデザイン作成例 -#430

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。