記事の詳細

フォントやロゴマークの著作権について

  • 2017.04.15

  • そもそも著作権とは?

    ロゴマークの著作権について

    近年、ロゴマークを巡る著作権の問題が多くなっています。インターネットの普及により、著作権の侵害をしているのではないかと疑われているものなどを比較し、検証することが容易になっているためです。

    そもそも著作権は自然に発生する権利であり、商標登録されているかは関係ないものです。著作権はそのものを作ればその時点で自然発生し、権利を得るための手段などを必要としません。著作物には種類があり、言語、音楽、美術、建築、図形など様々なものがあります。無料のソフトやジェネレーターを使って製作した場合は、著作権の扱いがどうなっているのかグレーになっていることがあり、トラブルを引き起こす懸念があります。製作前に著作権や使用権のことは確認しておくのが好ましいと言えます。

     

    フォントに著作権が発生するかは、実は曖昧。

    一方、フォント(文字)のみで構成されたロゴマークは著作権の対象外だと主張する人もいます。過去の判例でも、著作権が認められてないケースが存在するためです。文字は万人共有の文化的財産であり、デザイン書体もそれは同じであるという判断を下し、著作権を認めなかったという事例がありました。つまり、文字だけで構成されたロゴマークだと、著作権の侵害で問うということは難しいということが言えます。著作権として保護されるべき美的創作性は文字だけのロゴでは成立しない、というのが日本の裁判所の判断です。

    こうしたことからフォントに著作権が発生するかは微妙であり、グレーであることがわかります。とはいえ、明らかに悪意をもって模倣をすれば、当然訴えられる可能性は十分あります。

     

    オリジナリティのある発想で、ロゴを作成することが大切。

    オリジナルのロゴ作り

    結果的に何かに似てしまうことと、模倣したものは、全く別物です。恐らくですが、世界中のロゴをくまなく探せば、似ているものは必ず存在するでしょう。シンプルなロゴを目指せば尚更です。大切なのは、制作プロセスや発想がオリジナルであるかどうかです。そうして作成したロゴマークであれば、どんな事があっても毅然とした態度で対応をすることが可能になります。

     


    共感いただけましたら、いいね!シェアいただけますと幸いです。

    1. TOP
    2. ロゴデザインのコラム/ブログ
    3. フォントやロゴマークの著作権について

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。