記事の詳細

お洒落な日本食。お寿司のレストランロゴ(1) -#415

  • 2018.08.03

  • お洒落な日本食。お寿司レストランロゴ

    日本でお寿司というと、お店によって程度は違ってもやはり高級品というイメージがありますよね。ちょっと豪華に美味しい物を楽しみたい、と思ったら気のおけない相手を誘って楽しむ静かな食の時間、とったところでしょうか。ところが、海外ではデートに使われたり、意外とバレンタインのお祝い等で訪れたりと、お洒落な外食といったイメージの方が強い様です。全く違ったイメージですよね。そうした「お洒落」な雰囲気は、内装だけではなくロゴデザインにもしっかり表れています。日本とは違う寿司店のロゴを2回に渡ってお伝えします。

     

    新鮮さとお寿司を一つにしたロゴデザイン

    お寿司のレストランロゴ1

    新鮮さと美味しいお寿司は切っても切れない関係性ですが、両方を一つの形にして表現したデザインを見掛けたことはなかなかないのではないでしょうか。このロゴデザインの面白いところは、その2つを見事に調和させ、相乗効果を生んでいるところです。見たままの巻き寿司でコンセプトは分かり易く、そのお寿司はお魚をまるで輪切りにしたかのような新鮮さをイメージさせますね。見たまま「お寿司」と「新鮮なお魚」2つのイメージが伝わり、効果的です。ポップな仕上がりになっているところも好感を持たれそうですね。

     

    日本よりもアジア色が強いロゴデザイン

    お寿司のレストランロゴ2

    海外ではお寿司屋さんは必ずしも日本人経営、という訳ではありません。中国人や、韓国人経営のところもあり、海外の人にとってみれば同じアジアという感覚であまりきにしない人もとても多いです。こちらのロゴも、竹のデザインと赤の組み合わせがどうも中国風に見えますが、お箸とお魚を簡易化してシンボル的に描いている所が使えそうなアイディアです。シンプルさのなかに、モダンな雰囲気があって可愛らしいですね。

     

    ダイナミックなお寿司のロゴデザイン

    お寿司のレストランロゴ3

    海外で振る舞われる巻き寿司の多くは太巻きの様に太く、時には天ぷら粉を付けて揚げられたりしているので、とても大きく仕上がっていることが多々あります。そんな大きな、満足度の高いお寿司のイメージを見事に融合していますね。家族連れでも訪れることができそうな、カジュアル感が伝わるロゴに仕上がっていますね。

     

    日本では飾らずシンプルに筆書きの店名というお寿司屋さんも多いですが、海外ではわりとポップなロゴが多い様ですね。次回も引き続きお寿司を扱うレストランロゴを見てみましょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. お洒落な日本食。お寿司のレストランロゴ(1) -#415

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。