記事の詳細

文字を大胆に加工しているバービコンのデザイン例 -#388

  • 2018.07.23

  • 文字を大胆に加工しているバービコンのデザイン例

    動詞を意味する英単語”verb”と、アイコンの意味の”icon”を合成した、”verbicon”(バービコン)と呼ばれるビジュアル表現があります。この手法は、文字の一部を加工することで、言葉の意味を視覚化します。さりげない処理によって、テキストとしての単語からあまり逸脱していないバービコンもありますが、今回は逆に、大胆に文字を変化させて、図形要素の比率が大きくなった例を紹介します。

     

    どこからどう見てもクリップにしか見えません

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    “CLIP”の「C」をぐーんと引き伸ばして曲げてクリップを作りました。しかし、実際は「C」を変形させたのではなく、このアイデアにふさわしいフォントで「LIP」という文字を入力した後で、そのフォントの線と同じ太さでクリップを描いたのだと推察します。「LIP」がなければ、このクリップを「C」と読むひとはいないでしょうね。

     

    もうこの窓なしでは暮らしていけません

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    検索、という意味の単語”search”の「a」を加工して検索窓(あるいは検索ボックス)を作りました。虫眼鏡のピクトは検索のメタファーですからこれをはずすことはできません。この虫眼鏡がなかったら変形された「a」が検索窓に見えるかどうかは微妙なところです。

     

    タイヤに轢かれてしまいました

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    荷物を運ぶトラックや陸上競技のトラックなど、”track”という単語にはいろいろな意味があります。複数形の”tracks”には鉄道の線路の意味もありますが、このバービコンの場合は、車のわだち、タイヤ痕、といった意味で視覚化しています。

     

    バービコンによるロゴマークの実例

    Logo Roomさん(@logoroom)がシェアした投稿

    フォークリフトのフォーク(またはツメ)部分を「L」で表しています。上に紹介した作品に比べると変形の度合いはひかえめです。このInstagramの画像では本体とフォークが離れてしまっていますが、実際は「LiftAgent.com」という名称のサイトで使われています。ですからフォークリフト本体とフォークの位置関係は実物と同じ状態に戻っています。

     

    かなり大胆に文字を加工した例を紹介しました。いずれの例も単語のなかの1文字だけを変形させています。手を加える文字の数が多いと単語として読み取りにくくなってしまうからです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 文字を大胆に加工しているバービコンのデザイン例 -#388

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。