記事の詳細

文字の一部を共用しているロゴタイプ作成例 -#380

  • 2018.07.22

  • 文字の一部を共用しているロゴタイプ隣り合った文字が部分を共有している例をワードロゴを中心に紹介します。書体にもよりますが、「A」と「V」「W」や、「M」「N」と「B」「D」「L」などが隣り合っている場合、ふたつの文字で線を共用してオリジナルなロゴを作ることができます。

     

    カーニングを間違えたわけではありません

    logolearnさん(@logolearn)がシェアした投稿

    インフルエンサーと企業やブランドを結びつけるビジネスをおこなっている会社のロゴマークです。「A」と「V」の字間をどんどん詰めていって、「A」の右側と「V」の左側が重なってしまったような状態になっています。また、日本のアイドルグループや芸名に「。」「、」などの句読点を使っていたりしますが、このロゴもピリオド「.」を使っています。句読点をロゴに使っている企業名・ブランド名に「Yahoo!」がありますが、他にはあまり見かけないのではないでしょうか。この代理店のサイトを見ると、本文中では”AVE Influency Agency”と「AVE」は大文字表記しています。ロゴで小文字の「e」を選択した理由が気になります。

     

    二つの文字が完全に合体しているロゴデザイン

    James Martinさん(@made.by.james)がシェアした投稿

    このシンボルマークは「M」と「R」を合体させたロゴで、一種のモノグラムとなっています。「ミスター」のことではなく、あるミュージシャンのために名前の頭文字で作ったロゴマークだそうです。作者本人も気に入っているようで、よくできたロゴだと思います。「NR」ではなく「MR」と読めるのはなぜなのか分析してみるといいかもしれません。

     

    主観的輪郭のような効果を利用しているロゴ作成例

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    「主観的輪郭」というのは、描かれていないにもかかわらず、そこに何かがあるかのように脳がとらえてしまう一種の錯視です。「カニッツァの三角形」が代表的なものです。ロゴマークなどで、ネガティブスペースで何かを表現しているときは、この主観的輪郭を利用しているわけです。実はこのロゴはちょっと変わっていて、前述の例のように目に見える線を共用しているのではありません。「E」の右下のセリフの延長線上に「A」の左の線(ストローク)があるように感じる錯視を利用しているのです。

     

    アルファベットへの感覚が問われるロゴ作成例

    Logo Newさん(@logonew)がシェアした投稿

    自動車の修理・検査をおこなっている会社のロゴです。「A」の右側の斜め線(ストローク)と「D」のタテの線(ステム)が共用されています。ほとんどのフォントで、このふたつの線が同じ傾きに作られていることはないので、「共用」というよりも「D」のステムが省略されている、という方が正しいのかもしれません。しかし、仮に「D」のステムが斜めになっているのだと感じたとしても、ロゴの最初の文字は、「D」と同じように傾いた「P」に見えるわけではありません。「R」のステムが省略されているのに、なぜちゃんと「RAD」と読めるのかという疑問を解くカギは、3文字それぞれのタテヨコの比率や、「R」の足(レッグ)の出ている位置などにあるのではないでしょうか。

     

    文字の一部を共用して合体させるとユニークなロゴタイプやシンボルマークを作ることができます。今回ピックアップした例を比べると、結構さまざまな手法があることがわかりました。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 文字の一部を共用しているロゴタイプ作成例 -#380

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。