記事の詳細

バラをモチーフにしたロゴデザイン例 -#377

  • 2018.07.17

  • バラをモチーフにしたロゴデザイン例

    バラはチベット周辺を原産とする植物。美しい花をつけることから、古来より改良が繰り返され、おびただしい品種が存在しています。「愛情」の象徴であると同時に、社会民主主義のシンボルとされることもあるなど、実にさまざまな意味が与えられるのが特徴です。今回は、そんなバラをモチーフにしたロゴデザイン例をご紹介します。

     

    バラと鳥をあしらったレトロモダンなロゴデザイン作成例

    バラをモチーフにしたロゴ作成例1

    さえずる鳥の足元にバラをあしらったロゴデザインです。赤い背景に白だけで仕上げたシンプルで優しい印象のイラストは、レトロでモダンな印象があり、かえって新鮮さを感じさせ、おしゃれに見えます。コスメブランドやカフェなどにうってつけといえそう。

     

    バラが控えめに主張する高貴な印象なロゴデザイン作成例

    バラをモチーフにしたロゴ作成例2

    貴族の紋章を思わせるエンブレムの周囲に、たくさんの植物をあしらった高貴な雰囲気のロゴデザイン。上部と左右に一つずつ配置されたバラが、控えめに主張しながら、エンブレムに華を添えています。

     

    バラの意外な使い方が注意を引くロゴデザイン作成例

    バラをモチーフにしたロゴ作成例3

    「Chica Bonita」というのはスペイン語で「かわいい少女」という意味。中央に軍服らしき衣装を身にまとった華やかな女性が鎮座し、あちこちにバラがあしらわれていて、まるでゴシック系のアパレルブランドかドールを扱うショップのロゴデザインかと想像させます。ところが「Chilean Kitchen(チリ料理のダイニングキッチン)」とあり、左右にニワトリとブタのモチーフが配置されていることから、どうやらチリ料理のレストランのためのロゴデザインであろうと推測できます。バラと食物・レストランが結びつきにくいために、不思議な感覚に襲われてしまうのでしょう。意外な取り合わせによって、注意を引くことに成功している例といえます。

     

    高貴さや愛情のシンボルとして取り入れる正攻法的なアプローチも有効ですが、最後にご紹介したような意外な取り入れ方ができるのもバラの魅力です。広く愛されるだけあって、人の数だけ意味があるバラ。実に可能性のあるモチーフといえそうです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. バラをモチーフにしたロゴデザイン例 -#377

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。