記事の詳細

フードをかぶった人をモチーフにしたロゴデザイン例 -#376

  • 2018.07.17

  • フードをかぶった人をモチーフにしたロゴデザイン例

    フードをかぶった人を見かけると、どこか怪しげな印象を受けてしまうもの。顔を覆い隠しておきたいという意図が垣間見えるためで、パーカーなどフードがついた洋服が一般的となった現代でもその傾向は変わりません。よくテレビドラマなどの犯人役も、しばしばフードをかぶって登場しますね。そのため、フードをかぶった人をモチーフにすることで、ロゴデザインはどこかミステリアスな印象を与えることができます。いくつか具体例を挙げてご紹介します。

     

    ダークなモチーフに遊び心をプラスしたバランスのいいロゴデザイン例

    フードをかぶった人をモチーフにしたロゴ作成例1

    あるクリエイティブ企業のためのロゴデザイン案です。フードをかぶった人が唇に人差し指を当て、静かにするようこちらに向かって注意を喚起しています。頬の横に髪らしきものが見えることから、女性であること、また布のようなもので目隠ししていることから、盲目であることが推測されます。「Secret Society(秘密結社)」とあり、ミステリアスな雰囲気をかもしながらも、首にかけたヘッドホンがどこかポップな印象。これだけダークなカラー、モチーフを使いながら、うまく遊び心を感じさせ、暗くなりすぎていないのが素晴らしい。

     

    魔法使いをモチーフにした神秘的なロゴデザイン例

    フードをかぶった人をモチーフにしたロゴ作成例2

    ステレオタイプ的な魔法使いは決まってフードの付いた衣装を身にまとっています。そのため、魔法使いといえばフードの衣装、フードの衣装といえば魔法使いをそれぞれ連想してしまう人も多いはずです。ただでさえミステリアスな“魔法使い”的な人をモチーフに、紫色とゴールドによって表現される妖しい光が加わり、神秘性を際立たせています。この不気味なイラストは、ビールのブランドのために作成されたロゴデザイン。クラフトビール愛好家を煙に巻き、気づかぬうちにいくつものボトルを空にさせることでしょう。

     

    神秘的なものや謎めいたモチーフは、人を遠ざけてしまうことがあります。ところが、効果的に利用することで、逆に強くひきつけることが可能。このフードをかぶった人もまた利用価値が高いモチーフといえるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. フードをかぶった人をモチーフにしたロゴデザイン例 -#376

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。