記事の詳細

バイキングをモチーフにしたロゴデザイン例 -#371

  • 2018.07.16

  • バイキングをモチーフにしたロゴデザイン例

    海賊というと、船にのって海を渡り、他の船舶や海のそばにある町から略奪する武装した組織、すなわち犯罪組織のことを指します。ところが、頻繁にヒロイックな存在として取り上げられることで、すっかりポジティブなイメージが定着しました。ロバート・ルイス・スティーヴンソンによる子供向け海洋冒険小説『宝島(Treasure Island )』やその二次的創作物を筆頭に、ディズニーによる『パイレーツ・オブ・カリビアン(Pirates of the Caribbean)』、そして日本の漫画『ワンピース』などがその代表例として挙げられます。今回は、そんな海賊のなかでも、とくにスカンディナヴィア半島周辺地域やバルト海沿岸で大暴れしたノルマン人である「バイキング」をモチーフにしたロゴデザイン例をご紹介します。

     

    ステレオタイプ的なバイキングをあしらったロゴデザイン

    バイキングをモチーフにしたロゴ1

    ステレオタイプ的なノルマン人をベースにしたロゴデザインです。ツノをあしらったバイキングの象徴ともいえるヘルメットを被り、口元に立派なヒゲをたくわえています。ワントーンで仕上げていることもありシンプルにも見えますが、細部までしっかり作り込んであるため、不思議と印象に残ります。

     

    「ムーンドッグ」を象徴的に用いたロゴデザイン

    バイキングをモチーフにしたロゴ2

    トルコの南の東地中海上、キプロス共和国にあるというレストランのロゴデザインです。コアな音楽ファンならツノの付いた革製の兜を見てピンとくるかもしれません。屋号にある「ムーンドッグ(MOONDOG)」とは、20世紀にニューヨークでストリートミュージシャンや作曲家、詩人として活躍した盲目のアーティスト、ルイス・トーマス・ハーディンのこと。いつもバイキングの装束を着て、ツノ付きの兜をかぶっていたことから、「6番街のバイキング」との異名を持ちます。レナード・バーンスタインやチャーリー・パーカーなど、著名な音楽家らとの交流があったことでも知られます。余計な説明をしなくても、ユニークな兜と「ムーンドッグ」という屋号があるだけで、アメリカ料理のお店だとわかるというわけです。

     

    バイキングというと、海外ではノルマン人を意味する記号として知られますが、日本ではブッフェのことを連想する人がほとんどでしょうか。文化的に、バイキングは国内では使いづらいモチーフといえるかもしれません。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. バイキングをモチーフにしたロゴデザイン例 -#371

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る
    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。