記事の詳細

齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン例 -#366

  • 2018.07.15

  • 齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン例

    齧歯類(げっしるい)とは、物をかじりやすいような歯や顎を持っている動物のこと。ビーバーやリス、ハツカネズミ、ヤマアラシなどが該当します。草食性のものがほとんどですが、まれに雑食性のものもいるようです。種類が多いことで知られますが、人間から見て最大の特徴はその愛らしい見た目。とはいえ、必ずしも可愛いものとしてだけ扱われるわけではないようです。齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン例をご紹介します。

     

    カワウソをモチーフにしたロゴデザイン

    齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン1

    屋号である「Otterter」のうち、「Otter」に「カワウソ」という意味があることから、カワウソをマスコットにしているようです。カワウソには大きな鼻やひげなど、他の動物にはない外見的な特徴はちゃんとあるものの、なかなかそれとわかるようにデザインに落としこむのは難しいタイプの動物。ところが、このロゴデザインでは、うまくカワウソとわかるように作られていますね。口元に笑顔を加えることで、明るい雰囲気に仕上げています。

     

    リスをモチーフにしたロゴデザイン

    齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン2

    大きな尻尾をしていることから、リスだとわかります。走る速さ自体はそれほどでもないようですが、体性感覚に優れているため、狭い場所や木の上など、他の動物が行動を制限されるような場所でも平地と同じようなパフォーマンスを発揮することができる、リス。俊敏さ、器用さなど、リスにはポジティブなイメージが伴います。どんな企業ないしは商品のためのロゴかは不明ですが、このロゴも例外ではありません。

     

    ビーバーをモチーフにしたロゴデザイン

    齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン3

    ビーバーは可愛い顔をしているため、穏やかな性格を持った動物だとばかり思ってしまいますが、実は、どう猛な側面を持っているよう。これは、スポーツチームのためのロゴデザイン案のようですが、そんなビーバーの性格を強調しています。うかつに近寄ると、危険です!

     

    可愛らしさばかりが強調される齧歯類の動物ですが、いろんな側面を持っています。幅広い可能性を秘めたモチーフだといえそうです。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 齧歯類をモチーフにしたロゴデザイン例 -#366

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。