記事の詳細

片手を高らかにあげる男性をモチーフにしたロゴデザイン例 -#367

  • 2018.07.15

  • 人は、特別な時に片手を天に向かって高らかとあげます。大勢の注目を集めたいときや、誓いの言葉を述べるとき、また勝利宣言をするときなども片手を高らかにあげる習慣があります。心理学的には、快い感情のあらわれとして、無意識にやってしまうこともあるのだとか。気持ちがポジティブになり、それが最高潮に達すると、それにつられて手もあがるのだそう。片手を高らかにあげる男性をモチーフにしたロゴデザイン例を集めました。

     

    巨人が勝利を宣言する場面を捉えたロゴデザイン

    片手を高らかにあげる男性をモチーフにしたロゴ1

    動物の皮で作った衣をまとった男性が左手に棍棒のようなものを手にして高く手をあげています。原始人のようにも見えるのですが、「COMPUTER GIANT」という屋号らしきタイポグラフィがあしらわれていることから、巨人であると想像できます。確かに、下のほうに二つの山が描かれているように見えなくもありません。巨人伝説というと、乱暴で手がつけられない巨人を描く場合が多いのですが、まれに賢く友好的な存在とされることもあるようです。この巨人は後者に該当するはず。

     

    高らかとあげた右手にトーチを持ったロゴデザイン

    片手を高らかにあげる男性をモチーフにしたロゴ2

    先端が光っているところをみると、おそらくトーチを手にしているのではないかと推測できます。トーチは、「世を照らす」とか「闇を照らす」ことの象徴とされます。右手にトーチを持つものの例としては、ニューヨークの自由の女神がよく知られていますが、彼女の本当の名前は「Liberty Enlightening the World(世界を明るく照らす自由)」。また、古代のヨーロッパでは、「生」の象徴とされていました。いずれにしても、ポジティブな印象を受けるロゴデザインです。

     

    ビールを高くあげた右手に持ったロゴデザイン

    片手を高らかにあげる男性をモチーフにしたロゴ3

    トーチを高らかと持ちあげる姿をパロディにしたロゴデザイン。「反乱の醸造(BREW REBEL)と激しいメッセージのタイポグラフィをあしらい、赤い星を背景にした男性が軍服のようなものを着ていることから、キューバあたりの革命家を連想させることを意図してもいます。クラフトビールの銘柄かイベントのためのロゴデザインのようで、全く新しい味わいのクラフトビールが楽しめそう。

     

    単純に片手を高くあげると、注目を集めやすいという利点があります。その意味では、注目を集めるために作られるロゴデザインのモチーフにうってつけといえるでしょう。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 片手を高らかにあげる男性をモチーフにしたロゴデザイン例 -#367

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。