記事の詳細

馬をモチーフにしたロゴデザイン例 -#365

  • 2018.07.15

  • 馬をモチーフにしたロゴデザイン例

    馬は人にとって身近な動物の一つ。家畜として運搬や農耕などに役立ってきました。また、人が乗ることができる動物のなかでは足が最も速いことから乗馬用としても飼われ、軍事用に用いられてきた歴史もあります。優しくて、勇敢で、いろんな仕事を手伝ってくれるとても頼もしい味方。今回はそんな馬をモチーフにしたロゴデザイン例のうちのいくつかをご紹介します

     

    馬のシルエットによって競馬を表現したロゴデザイン

    馬をモチーフにしたロゴデザイン1

    足が速く、そして走る姿が美しい馬にとって、競馬もまた、私たちが決して忘れることができない重要な仕事の一つです。ヘルメットの一部に馬のシルエットをあしらっただけで、この人がジョッキーであることを示すことに成功していますね。それだけ競馬が身近な存在であるということ。「Driving for Charity」とあるので、チャリティー競馬のためのロゴデザイン案のようです。

     

    「架空の」シマウマをあしらったロゴデザイン

    馬をモチーフにしたロゴデザイン2

    同じ馬でもこちらはシマウマをあしらったデザイン事務所のロゴデザインです。「THE IMAGINARY ZEBRA」というのは「架空のシマウマ」という意味。確かに、本物のシマウマというと、白地に黒のシマが入っているように見えますが、こちらは黒地に白のストライプ。それにしても、実際にシマウマは存在するわけですから、「架空のシマウマ」というのはなんとも奇妙な屋号で、どんな仕事をしてくれるのか、気になります。

     

    勤勉さの象徴として馬をあしらったロゴデザイン

    馬をモチーフにしたロゴデザイン3

    馬はよく働くということで、勤勉さの象徴として使われる場合もあります。このロゴはまさにそうした馬の側面を強調。「WORK HORSE」というタイポグラフィの一部を歯車に仕立てているのも、強力なメッセージとなっています。こんなロゴデザインの会社なら、よく仕事をしてくれそうです。

     

    これだけ身近な動物であるにもかかわらず、馬を見たことがある人はそれほど多くないはずです。身近なのに遠い、よくわからない存在だからこそ、ロゴデザインとして魅力的に映るのかもしれませんね。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 馬をモチーフにしたロゴデザイン例 -#365

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。