記事の詳細

鹿をモチーフにしたロゴデザイン例 -#360

  • 2018.07.15

  • 鹿をモチーフにしたロゴデザイン例

    鹿は、主に森林に生息する哺乳類の一種。世界のいたるところの逸話や伝説に登場していて、比較的人間との関わり合いが深い動物といえます。オスが持つ見事な角のせいか、日本では神の使いと考えられることもありますし、サンタクロースのソリをひくトナカイも鹿の仲間です。そうかと思えば、逆に畑を荒らす害獣としてみなされることもあります。そんな多様な意味を持つ鹿をモチーフにしたロゴデザイン例をご紹介します。

     

    鹿の俊敏さを強調したロゴデザイン作成例

    鹿をモチーフにしたロゴデザイン1

    鹿は俊敏さの象徴と考えられることも少なくありません。走るのが速いだけでなく、その姿も美しく、余計にスピード感があります。このロゴはそんな鹿の俊敏さと美しさを強調したものになっています。アメリカはアラバマ州にある鹿のブリーダーのためのロゴデザインのようですが、そもそも鹿のブリーダーがいることに驚きました。

     

    猛々しい印象のロゴデザイン作成例

    鹿をモチーフにしたロゴデザイン2

    オスの鹿の見事な角にタイポグラフィを埋め込んだロゴデザイン。「FULL RUT」と力強い字体で屋号があしらわれていますが、「RUT」とは雄鹿が発情した状態をいいます。そもそも力強い印象がある雄鹿が、最も力強い状態にあるということで、猛々しいイメージに仕上がっています。ときに非力な動物としてみなされる鹿ですが、強く勇ましい存在でもあります。

     

    角からの滴りが想像力を掻き立てるカフェのロゴ作成例

    鹿をモチーフにしたロゴデザイン3

    「MOOSE」とはヘラジカのこと。一口にシカといっても、「DEER」だけでなく種類によって名前が変わります。それぞれの種が別個に人間との関わりを持ってきたことの証でしょう。このロゴデザインはアメリカにあるカフェのもののようです。カップから顔を出すヘラジカの角の先から、コーヒーが滴る様子を表現することで、味や香りまで連想させます。ちなみに、「ホットムースコーヒー」といわれると、デザートの「ムース」を連想してしまいますが、そちらは「MOUSSE」と綴る全く別の言葉。

     

    人間にとって身近な存在である鹿。多様な意味がある動物ほど可能性に満ちていて、ロゴとしてデザインしがいがありますね。


    「デザインインスピレーション」のコーナーでは、世界中のロゴデザインやブランディング事例をピックアップして紹介しています。企業ロゴ・ブランドロゴなどの用途は問わず、荒削りでも着眼点やアイデアが面白いものはピックアップしています。

    ロゴ作成の依頼・制作料金について
    ロゴデザインの作成・提案事例へ


    1. TOP
    2. ロゴ作成のアイデア&インスピレーション
    3. 鹿をモチーフにしたロゴデザイン例 -#360

    ロゴデザインのLOGOLO™へようこそ!

    LOGOLOのロゴ

    ロゴ制作はLOGOLOにお任せください!

    ご予算に応じたプランで、リーズナブルにロゴマークの作成が可能です。企業から個人の方まで幅広くご利用いただいており、業種を問わず、様々な企業ロゴ・ブランドロゴ等の制作に対応しています。プロのデザイナーが作成するロゴマークをお求めやすい価格で!

    制作のお見積もり・ご依頼はお気軽に!

    為になるデザイン情報発信中

    ロゴデザインのコラム

    ssl2

    カード決済対応

    ©LOGOLO

    ■デザイン・記事内容はLOGOLO又は第三者に帰属します。
    ■デザインの参考画像としてのご利用や、メディアなどへの掲載を希望される方は、お問合せフォームよりご連絡ください。
    ※画像はイメージです。実際の情報と異なる場合がございます。
    ページ上部へ戻る



    事業概要

    ご利用規約

    LOGOLO™では、企業やブランドなどのロゴ制作を行っています。お気軽にお問い合わせください。